日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › コンピュータ › デジタル・ミニマリスト/カル・ニューポート
2020-01-13 (Mon) 17:31

デジタル・ミニマリスト/カル・ニューポート

以前から気になっていた、カル・ニューポートさんの「デジタル・ミニマリスト」を読み終えました。

さまざまなテクノロジーが、次々と登場して私たちの生活はさらに便利になっています。しかし、その一方でなんだか息苦しさのようなものを感じていました。この本を読んだおかげで、その理由に気づくことができました。

新しいアプリやテクノロジーは、とても便利で有益です。しかし私たちの使える時間は、1日24時間しかありません。
便利なアプリやサービスに縛られた結果、私たちはいつの間にか個人の主体性を奪われていたのです。

アプリやサービスには、故意に中毒性が作り出されています。それを使えば使うほど、開発者や提供者が儲かる仕組みが用意されています。その結果、私たちは本当に大切なことをする時間を奪われていたのです。

その上で著者は、それらのテクノロジーから少し距離を取ることを勧めます。とはいえ完全にテクノロジーを否定しているのではなく、本当に必要なサービスを少しだけ使おうと提案します。

そしてテクノロジーから距離を取るための方法を、いくつかのステップに分けて紹介しています。
デジタル・ミニマリズムの3原則を、最初に注意すべき点を示します。

 1.あればあるほどコストがかかること。
 2.最適化が成功の鍵。
 3.自覚的であることが充実感につながる。

それから、デジタル片づけの3ステップが示されます。

 Step1.30日のリセット期間を定めて、どうしても必要ではないテクノロジーの利用を中止する。
 Step2.30日の間に、楽しくてやりがいのある活動や行動を見つける。
 Step3.休止期間が終わったら、テクノロジーを再導入します。しかしその時は、その1つ1つについて、自分の生活にどのようなメリットがあるかを慎重に検討する。

この後で、孤独の大切さや、いいねボタンを押さない、趣味を取り戻す、SNSアプリをすべて削除しようと提案します。

この本に書かれているすべてが、すべての人にあてはまるわけではありません。しかしそのいくつかは、何かの気づきがあることではないでしょうか。もしそうなら、この本を読んでテクノロジーとの関わり方を見直してみてはいかがでしょうか。

最終更新日 : 2020-01-13

Comment







管理者にだけ表示を許可