日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新中 › ソードアート・オンライン アリシゼーション › ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld #10
2019-12-16 (Mon) 16:48

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld #10

キリトを囲む女子会が結成されるお話でした。(^^;

創世神ステイシアというスーパーアカウントで、アスナがアンダーワールドに現れました。いきなり地割れで敵軍を圧倒して、これだったらベクタ相手でも楽勝じゃないかと思いましたが^^;、そこまで強力な力を使うのには制限がありました。地形を変えるほどの力は、アスナにダメージを与えてしまうのです。

アスナに救われたロニエとティーゼは、彼女の願いに従いキリトとアスナを会わせました。アスナと会っても、やはりキリトは動けませんでしたが、自分の前にいるのがアスナだとは認識していました。

久しぶりにキリトと再会したアスナに、アリスがいきなり斬りかかりました!(^^;
アリスの言い分はいろいろあるでしょうが、要するに自分がいない間にキリトとイチャイチャするなということですね。(笑)

そして女の戦い勃発。アスナとアリスは、キリトをめぐって刃を交えることになりました。それを止めたのは、ベルクーリでした。ベルクーリの提案で、まずはアスナの話を聞いて、アンダーワールドの状況を教えることになりました。

アスナは自分が、アンダーワールドの外の世界から来た人間だと明かしました。そこでアスナは、アンダーワールドの住人に禁忌という封印が施されていることを知りました。しかし、その制限はラースの目的からするとおかしいことにアスナは気づきました。

そしてアスナは、ラースの中に裏切り者がいることに気づいたのでした。しかもこの世界にはすでに、ダークテリトリーのスーパーアカウントを持つ暗黒神ベクタがいるのです。

このような状況ではありますが、アスナとアリスの対立が収まったわけではありません。お互いに、自分はキリトとこんな時間を過ごしたのよ〜合戦が始まりました。(^^;
また殺伐とするのかと思いきや、そこにロニエが加わりました。アスナたちには及びませんが、ロニエもキリトの傍付きとして過ごした日々があります。これで一気に、雰囲気がやわらぎました。

そこにさらにキリトの先輩のリーナも、自分にもキリトと過ごした時間があるからと参戦しました。こうしていつの間にか、キリトを囲む女子会が結成されていたのでした。(^^;

前回まで戦いの連続だったので、いきなりキリトをめぐる女子たちの争いになったのは笑いました。でも、こういう展開の方が楽しいかも。(^^;

最終更新日 : 2019-12-16

Comment







管理者にだけ表示を許可