日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

レンリがキリトをみて、奮い立つお話でした。

戦場から逃げ出したレンリは、補給部隊のテントの奥で震えていました。そこにキリトを連れた、ティーゼとロニエが現れました。レンリは2人に、戦場から逃げてきたことを打ち明けました。

騎士になる前に、レンリは親友を自らの手で誤って殺してしまいました。それはレンリのトラウマとなり、整合騎士となっても武装完全支配術を使うことができず、アドミニストレータから「失敗作」の烙印を押されてしまいました。そしてレンリは、そのまま封印されていたのです。

ダークテリトリーとの戦いを前に、そんなレンリも封印を解除されました。しかし、やはりレンリは戦うことができませんでした。

その時、山ゴブリンの1人が補給テントに侵入してきました。ティーゼとロニエはキリトを守ろうとしますが、彼女たちの実力ではゴブリンを倒すことは難しそうです。その時、レンリは廃人のようになったキリトが、2人を守るために剣に手をかけようとしているのを目撃しました。

そんなキリトに心を動かされて、レンリはついに戦いました。そしてレンリは、陣中深くに攻め込んだゴブリンたちを次々と倒していきます。ところが、山ゴブリンの首領には、レンリのブーメランのような剣が通じません。

しかしレンリは、引き下がりません。なんと2つの剣を1つに合わせて、大きな花のような剣を作り出すと、その攻撃で首領を両断したのです!

一方、ダークテリトリーの暗黒魔術師たちは、大量のモンスターを敵陣に送り込もうとしていました。しかし、その攻撃はベルクーリの武装完全支配術で瞬殺されました。(^^;

それでも暗黒魔術師たちは、新たな軍勢で攻め込もうとします。今度は大量の暗黒魔術師たちが、一斉に魔力による攻撃を仕掛けようとします。しかし彼女たちの攻撃は、発動しませんでした。それは戦場の上空にいる、アリスが魔力の源を集めていたからでした。そしてアリスは巨神兵のようなビームで^^;、敵陣をなぎ払ったのでした。

というわけで、アリスとベルクーリがいれば、他の騎士はいらないんじゃない!?と思わせるほどの活躍でしたね。(^^;
前回と同じく今回も大きな戦いが続いているので、あっという間に終わった感じでした。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/11157-9c4dadfe

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第7話 失格者の烙印
 レンリ、ベルクーリ、アリス。なんだかあっという間でした。

2019.12.01 00:31 | つれづれ

ソードアート・オンライン -アリシゼーション- War of Underworld BS11(11/23)#07
第7話 失格者の烙印 山ゴブリンは煙幕を使って左翼を攻めた。エルドリエの部隊を崩して後方の第2陣、レンリの部隊に雪崩込む。レンリは初の戦場で恐ろしくなり補給部隊のテントに逃げ込んだ。双子のフィネルとリゼルがこうなることを予測して応援に駆けつけた。レンリは何やってるの? 腰抜け。自陣の奥深くまで攻められすぎ。神器 隻翼刀に選ばれたレンリを整合騎士としては失敗作と告げたアドミニストレーター。武装...

2019.11.26 02:54 | ぬるーくまったりと 3rd