日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › PSYCHO-PASS サイコパス › PSYCHO-PASS サイコパス 2 #7
2019-11-21 (Thu) 18:40

PSYCHO-PASS サイコパス 2 #7

ようやく鹿矛囲の正体が見えてくるお話でした。

鹿矛囲が引き起こしたドローンによる殺人は、潜在犯によるゲームのように人を狩る事件を頻発させていました。公安はその対応に追われることになります。

そんな中、朱は冷静にこれまでの鹿矛囲の行動を分析していました。最初に誰でもドミネーターを手にできるのか試した鹿矛囲は、ドミネーターで監視官を殺害できることを確認。そして複数のドミネーターを手に入れるために、今回の事件を起こしました。そして鹿矛囲の手には、8丁のドミネーターがあります。それを使って、彼は何をしようとしているのでしょうか!?

捜査を進める朱は局長と会い、なぜシビュラが鹿矛囲の存在を認めないのか問い詰めます。かって免罪体質者の槙島を取り込もうとしたように、シビュラが鹿矛囲を取り込もうとしないことに疑問を持ったのです。その答えは局長から得られませんでしたが、シビュラは鹿矛囲を取り込むのではなく、あくまでも抹消しようとしていることを朱は知りました。

一方、東金に不審を持った霜月は、彼の経歴を見て驚きました。これまで彼の担当となった監視官は、いずれも潜在犯となり、ドミネーターの執行対象となっていたのです!

さらに鹿矛囲の調査が進展して、驚くべき事実が判明しました。15年前に起きた航空機事故の唯一の生き残りが、鹿矛囲だったのです。そして鹿矛囲が作り上げた精巧なホロは、その犠牲者たちのものでした。

すぐに朱たちは、鹿矛囲のより詳しい情報を得ようとしますが、公安の権限でもなぜか鹿矛囲の詳細な情報にアクセスすることができません。しかし鹿矛囲の治療を担当した医者が判明したため、朱はその男から詳しい事情を聞き出そうとします。

しかし、その医者も鹿矛囲とつながっていました。彼は自らの意志で、鹿矛囲に協力していたのです。そして、いずれ自分が公安に確保されることまで予測していました。

一方、雛河の言葉からヒントを得た霜月は、薬剤特許を調べるうちに東金財団の名前を見つけました。どうやら執行官の東金朔夜は、この事件と深い関わりがありそうです。彼らの目的は、一体なんなのでしょうか!?

最終更新日 : 2019-11-21

Comment







管理者にだけ表示を許可