日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


軍事ドローンと、朱たちが対決するお話でした。

鹿矛囲の罠にはまり、軍事用ドローンの開発現場で朱たちはドローンに襲われました。彼らを狙っているのは、自分たちが人殺しをしているとは知らず、ゲームで遊んでいるつもりの一般市民でした。

公安の監視官と執行官は、ドミネーターを使い軍事ドローンに対抗します。しかしドミネーターも、無限に使えるわけではありません。そんな中、犯罪係数が悪化した公安刑事たちを、ドミネーターを使い鹿矛囲が狙います。その傍らには、完全に鹿矛囲の虜になった酒々井もいます。

状況を打破するために、志恩は軍事用ドローンをハッキングしているサーバを探します。しかし、それは巧みに偽装されていて、簡単には見つけることができません。その間にも、公安の刑事たちは1人また1人と殺されていきます。

鹿矛囲がドミネーターを持っているため、犯罪係数の高い執行官はドミネーターの標的になってしまいます。朱は現場から執行官を下げて、監視官が対処にあたるように命じました。

一方、雑賀譲二の協力で志恩はハッキング対象となっているサーバを発見しました。それはなんと、軍のサーバだったのです。そして朱は、鹿矛囲の目的に気づきました。刑事たちを殺して、鹿矛囲はさらにドミネーターを手に入れようとしていたのです。

そして志恩の介入により、ゲームで遊んでいた者たちは自分たちが殺人ゲームに参加していた事実を知りました。その結果、都内の犯罪係数が飛躍的に上昇しました。それを見越したかのように、鹿矛囲は公安のドローンもハッキングしていました。ようやく落ち着くかと思えた状況は、ますます混乱していきます。

それでも朱は、なんとか鹿矛囲と酒々井を発見して追い詰めました。しかし鹿矛囲は、こうなることも想定して逃亡用の船を用意していました。ドミネーターを使えば、朱は鹿矛囲を止めることもできます。しかし、この状況でも朱はドミネーターを使わないことを鹿矛囲は見越していたのでした。

一方、東金の部屋に入り込んだ霜月は、彼がずっと朱の犯罪係数をチェックしていたことを知りました。東金は、朱の犯罪係数が悪化することを望んでいるようです。なぜ彼は、それを望むのでしょうか!?

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/11141-c6ca4865