日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ガブリエルの過去と、ダークテリトリーの争いが描かれました。

ガブリエルはダークテリトリーの支配者・皇帝ベクタとなっていました。彼はダークテリトリーの軍勢をまとめ上げて、アンダーワールドへの侵攻を開始しようとしていました。

そしてガブリエルは、ふと昔のことを思い出しました。彼は子供の頃に、父から昆虫には魂がないと。だから昆虫は、頭を潰されても、体はまだ生きていると教えられました。それでは人間は!?と、幼いガブリエルは考えました。

彼にはアリシアという女の子の友達がいました。アリシアはどんな魂を持っているのか気になったガブリエルは、ついにアリシアを殺してそれを確かめました。アリシアを殺した時に、その魂のようなものをガブリエルは見ました。それを飲み込むと、彼はアリシアの持つ記憶を一時的に得たのです。それ以来、ガブリエルは死に取り憑かれているようです。

アンダーワールドへの侵攻には、反対する者もいました。暗黒騎士団の団長シャスターは、今ダークテリトリーが攻撃を仕掛ければ共倒れになり、ダークテリトリーをまとめ上げている秩序さえも崩壊すると考えていました。部下で愛人のリピアには、そんなシャスターの思いがよくわかりました。

そこでリピアは、皇帝の伽をするという口実でベクタを暗殺しようとしました。しかし、それはベクタに見抜かれ、リピアは逆に命を落としました。その時に抜け出した魂を食べたベクタは、かってアリシアの魂を得た時のような陶酔を感じました。

翌日、皇帝ベクタは軍勢に侵攻を命じます。その前に、彼を殺そうとしたリピアの首を、軍勢の前にさらしました。それを見たシャスターは激昂しました。しかし、側にいたアサシンが、彼に毒針を刺しました。それでもシャスターは、最後の力を奮い起こして、皇帝ベクタに襲いかかります。

ところが、恐れを知らず死を恐れない皇帝に、シャスターの攻撃は通じませんでした。暗黒騎士団長の死に、軍勢は動揺します。しかし皇帝ベクタは、変わらずアンダーワールドへの進撃を命じました。そしてキリトと共に飛竜で東門の様子を見に来たアリスは、ダークテリトリーの攻撃が始まろうとしていることを知るのでした。

というわけで、いよいよ2つの勢力の戦いが始まりそうです。でも、いまだにキリトは戦力になりそうにないですし^^;、アリスの運命が気になります。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/11129-62b206cb

ソードアート・ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第4話 ダークテリトリー
 よくよく考えてみれば、SAOの敵役は精神的に問題ある人ばかりで怖いです。

2019.11.09 18:56 | つれづれ

ソードアート・オンライン -アリシゼーション- War of Underworld BS11(11/02)#04
第4話 ダークテリトリー ガブリエル、昆虫に脳はないんだ。全身の神経が脳の代わりをしているんだ。だから首を落としても暫く生きている種もある。ゲイブ遊ぼうと誘うアリシア。人の魂は脳の奥に隠されていると考えた。ガブリエルは暗黒神ベクタ、ヴァサゴは暗黒騎士としてログインに成功。平地ゴブリン・クビリ、山ゴブリン・ハガシ、ジャイアント族・シグロシグ、オーガ族・フルグル、拳闘士ギルド 10代チャンピオン...

2019.11.05 08:27 | ぬるーくまったりと 3rd