日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


マインが石板をもらい、この世界の文字を覚えるお話でした。

この世界で本を手に入れるのは、たいへんなことだと知ったマイン。しかし、それでもマインはめげず、買えないほど本が高価な物なら、自分で作ればいいと前向きです。

でも、その前にちょっと生活改善。この世界には石鹸がないらしく、マインの髪の毛はベタベタしています。植物から油が手に入ることを知ったマインは、油にハーブを混ぜて簡易シャンプーを作り出しました。そのおかげでマインや、お姉さんのトゥーリの髪はサラサラになりました。それを見たお母さんも、早速真似しています。

そんなある日、マインとトゥーリはお父さんが忘れ物をしていたことに気づきました。2人は一緒にお父さんの仕事している門に向かおうとしますが、病弱なマインは少し動いただけで疲れてしまいます。そんなマインに力を貸してくれたのは、近所に住むルッツたちでした。

ルッツのお兄さんが、門までマインを背負って行ってくれることになりました。お兄さんは、トゥーリに気があるようで、彼女の前でいいところをみせたいみたい。そしてマインと同い年のルッツも、マインのことが好きでした。転生前の世界では、恋愛に縁のなかったマインは真っ赤になって恥ずかしがります。

お父さんの仕事場で、マインは紙と文字を目にすることができました。マインはお父さんに、羊皮紙を買って欲しいとねだりますが、この世界では1枚が門番1ヶ月分の給料と同じくらいの高価なものでした。がっかりするマインに、お父さんの同僚のオットーから石板をもらえることになりました。

それからしばらくは、冬の準備が忙しくて、本のことを考える余裕がありませんでした。冬になる前は、保存食を作るので忙しいみたいです。そしてマインは、家族と一緒に豚の解体に行くことになりました。解体を待つ間に本のことを考えたマインは、パピルスを使って紙を作ればいいと思いつきます。でも直後に、豚が屠殺される現場を目撃して気絶してしまいました。

マインが目を覚ますと、そこはお父さんの仕事場でした。気を失ったマインを心配して、門までお父さんが連れ帰ってくれたのです。そこで再びオットーと会ったマインは、約束通り石板をもらいました。そこでマインは、この世界の文字で自分の名前をどう書くか教えてもらいました。

久しぶりに文字に触れたのがうれしくて、マインは次々と文字を書き続けます。そしていつの間にか、石板には日本語が書かれていました。しかし、それは今もマインにとって、昔の記憶でしかありません。その事実を、あらためてマインは思い知るのでした。

というわけで、本当に少しずつですが、着実にマインは本に近づいています。本への道のりは遠そうですが、マインの本への熱い思いが不可能を可能にしてくれそうですね。(^^)

今回のお話も、本好きの私には共感できるものでした。今でこそ、当たり前のように気軽に本を読めるようになりましたが、そうなる前は本は一部の特権階級だけのものだったのだと、しみじみと感じました。そして文字を書けることで、その先に広がる世界の大きさも感じられました。(^^)

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/11110-2db94b20

本好きの下克上第2話「生活改善と石版」文字は楽しい
本好きの下克上第2話「生活改善と石版」も視聴。 dアニメストアに入会して視聴した。 前にロードエルメロイII世の第0話を見る為に入会したけど、 そのまま放置して4ヶ月課金し続けたので、今回も気をつけないと……。 忘れそうなので、ここに書いとく。 チャンリンシャン OPでは世界名作劇場に似てるとも言われてた。 エリンに似てるってコメントもあったんで調べたら、 NHKで「獣の奏者 エリン」ってア...

2019.11.18 19:00 | アニメとマンガの感想と考察

本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません TokyoMX(10/16)#02
第二章 生活改善と石版 本がないなら自分で本を作ればいい。そう思いついたマイン、では紙は何処にあるの?この世界では学校もなく、子供たちは家の手伝いをしている。考えると髪が痒い。トゥーリがメリルの実を採取してきた、油が取れる。それならシャンプーが作れる、良い香りのハーブを入れて塩を混ぜれば出来上がり。マインの髪がつやつやになって良い香り。トゥーリの髪も洗ってあげると、母も洗いたいとおしゃれに目...

2019.10.20 00:11 | ぬるーくまったりと 3rd