日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


綾のお姉さん・花と、その友人の牧京子が登場するお話でした。

美姫が1人でいるのを好むようになったのは、幼い頃にイジメられた経験があったからでした。それ以来、美姫は人との間に距離を置くようになりました。

綾と翠に会うために出かけた美姫は、神社の境内で倒れている女の人をみつけました。美姫がその人に声をかけると、女の人は倒れているのではなく、神社の縁の下に入ってしまった猫を探しているだけでした。

猫が怖がっているのを知った美姫は、うまく猫の気を惹いて無事に猫を捕まえることができました。その時は全く見ず知らずの女性でしたが、その人はなんと綾のお姉さん・花だったのでした。

綾の家にボードゲームをしに行った美姫は、そのことに気づいて驚きました。そこには、お姉さんの他にもう1人の女性がいました。見るからに怖そうなその人は、牧京子と名乗りました。初めて会ったはずの京子に、美姫は以前にも会ったことがある気がして不安になりました。

そんな中、いよいよゲームの始まりです。今回翠が用意したのは、「インカの黄金」というゲームでした。プレーヤーは、用意されたカードを引きながら、遺跡に隠されたお宝を探します。3種類あるお宝を集めて、その点数が一番高かった人の勝ちです。でも遺跡には、お宝以外に危険なカードもあって、同じ種類の危険カードを2枚引いてしまうとゲームオーバーになります。

このゲームは運と度胸が必要です。怖がりの美姫は、失敗を恐れて早々とプレイから手を引いてしまいます。そんな美姫をみて、京子はそんなにオドオドしているとイジメのターゲットにされると指摘します。それを聞いて、美姫はもしかしたら昔京子にイジメられたことがあったのでは?と、さらに不安になります。

しかし、今の美姫には支えてくれる友人、綾と翠がいます。そして花以外には懐かない猫のさくらも、なぜか美姫には懐いてくれました。それに励まされて、美姫は京子とゲームのトップを競います。勇気を振り絞って挑んだおかげで、美姫はゲームに勝つことができました!

そして美姫は、京子との出会いを思い出しました。昔、年上の女の子たちにイジメられていた美姫を、助けてくれたのが京子だったのです。見た目は怖いけれど、昔から京子は弱いものイジメは嫌いだったのです。

というわけで、今回は美姫の過去を描きつつ、花や京子との新しい出会いのあるお話でした。
登場したゲーム「インカの黄金」も、運と度胸が試される面白そうなゲームですね。(^^)

横溝ルパンさん、こんばんは。

美姫は過去にいじめられていたんですね。
それで人と距離を置くようになったと。
いじめは嫌ですね。

今回のゲームは「インカの黄金」。
撤退するか進むか決めるんですね。
みんなの後押しもあって美姫は少し強くなったようです。

2019.10.20 18:50 URL | 諸葛鳳雛 #RmVAfd/w [ 編集 ]

こんにちは。コメントありがとうございます。

今回は美姫の過去を描きつつ、新たな紹介された「インカの黄金」も楽しそうなゲームでしたね。
ゲームをすることで、美姫が過去の自分から少しだけ勇気を出して、一歩前に踏み出せる展開もよかったですね!(^^)

2019.10.21 17:51 URL | 横溝ルパン #- [ 編集 ]

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/11109-d6a716b3

洞窟の中には宝石が眠っている
猫マスター美姫 (=^ω^=) 『放課後さいころ倶楽部』 第三話 ひとりとちゃうから 美姫が人を避けるようになったのは、小さい頃いじめられていたからなんですね><。 トラウマ抱えた美姫ですが、 人が倒れているのを見て勇気を出して助けようとしました。 実は倒れているのではなく、 猫が神社の縁の下に入り込んでいるのをのぞき込んでいただけでした^^; ねこじゃらしで猫をおびき寄せる作戦成功...

2019.10.23 01:08 | マイ・シークレット・ガーデン FC2

放課後さいころ倶楽部 BS11(10/17)#03
第3話 ひとりとちゃうから 幼い頃。美姫はよく虐められた。だから他人を傷つけるなら一人が良いと考えていた。神社の境内に眠っている?女性を発見。声を掛けると軒下に飼い猫が逃げ込んで出てこないらしい。そこで猫じゃらしを使って外へおびき出す。私と同じで怖がっているだけ。獣医に行く途中だったらしい。人見知りの激しい猫で妹にも懐かない。その猫のさくらが美姫には懐いてしまう。あなたは猫マスターね。お互い...

2019.10.19 12:01 | ぬるーくまったりと 3rd