日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


キャロルとチューズデイが順調にアルバムを完成させる一方、アンジェラが精神的に追い詰められるお話でした。

アンジェラのステージママ・ダリアが、倒れて入院してしまいました。ダリアが腹立ちまぎれに言った言葉が、アンジェラは引っかかっています。自分なりに過去を調べたアンジェラですが、なぜか何も記録が残されていません。なぜアンジェラの過去が消されているのでしょうか。

一方、キャロルとチューズデイはアルバムの最後に収録する曲で悩んでいます。トビーはアルバムの最後の曲は、ただ単に最後にあるのではなく、最後にある意味が必要なのだと教えます。

曲作りに悩む中、キャロルは収監されたエゼキエル=アメルのところに面会に行きました。その間に、チューズデイはロディと一緒に、キャロルの誕生日プレゼント探しとクリスマスの準備をします。

面会に来たキャロルに、相変わらずアメルは冷たい態度を取ります。しかしキャロルが帰った後で、監獄の壁に猛然と歌詞を書き始めました。そうして作った曲を、アメルは監視人に録画させます。その曲には、アメルの気持ちがこもっていました。キャロルにとってアメルが孤児院の中でも特別だったように、アメルもキャロルを特別な存在だと思っていたのです!

そんなアメルの曲を聴いて、キャロルとチューズデイは最後の曲に挑みます。その曲の収録は、教会を借りて行われました。曲にパイプオルガンの音を入れたという2人の要望に応えて、なんとトビーがオルガン演奏を引き受けました。
そして2人の演奏した曲は、そこにいた大勢の人たちを感動させました。さらに、これまで2人の曲をけなしてばかりいたトビーも、この曲は認めてくれたのです!

そしてキャロルとチューズデイを喜ばせる、さらに驚くべきサプライズが待っていました。マーズ・グラミーでの共演相手として、ガスが2人の憧れの人・クリスタルとの共演を実現させたのです!

その頃、アンジェラはパートナーのタオが逮捕されたことで、さらに精神的に追い詰められていました。タオはすぐに保釈されたましたが、アンジェラが連絡を取ろうとしても返事がありません。アンジェラは薬に溺れて、さらに追い詰められていきます。

というわけで、キャロル&チューズデイが順調に曲作りを進める一方、アンジェラの不安定さが心配です。

それから、ヴァレリーの動静を探るために、息子のスペンサーがヴァレリーの元へと戻りました。スペンサーはカイルと協力して、ジェリーの犯罪の証拠をつかもうとしていたのです。
そして保釈されたタオは、AIを使ってシュバルツへの復讐を考えているようです。アンジェラから彼のところに、助けを求めるメッセージが届きましたが、タオはどうするのでしょうか!?

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/11086-73a1d02d

キャロル&チューズディ フジ(9/11)#21
第21話 It's Too Late. アンジェラの母、ダリアが入院。自分の出生が他にあると考えると落ち着かない。タオの逮捕でアンジェラにもマスコミが集まる。マーズグラミー賞のステージを考える4人。やはり夢の共演が一般的だとロディ。ガスが任せてくれと何やら画策する。アルバムのラストを〆る曲は代表曲になるような曲が必要。トビーは難しい注文を二人に課す。地球に強制送還されるエゼキエル、アメルに面...

2019.09.16 17:52 | ぬるーくまったりと 3rd