日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


チューズデイの恋を描いた、ちょっと切ないお話でした。

執事ロボットに裏切られて破産したアーティガンは、タオと手を組んでアンジェラの曲を作っています。しかし、アーティガンとタオは正反対の考え方を持っていて、なかなか意見がまとまりません。こんな調子で、本当にアンジェラの新曲は完成するのでしょうか!?(^^;

アンジェラには、相変わらずストーカーがつきまとっています。彼女の恋人気取りだったアーロンは、自動運転車の暴走で大けがをしました。アーロンは、お見舞いに行ったアンジェラを追い返しました。危険を感じたアンジェラとダリアは、警察にストーカーのことを教えました。しかし警察が調べても、隠しカメラやマイクは発見できませんでした。
さらにストーカーを毛嫌いするアンジェラに、今度は脅迫メッセージが届くようになりました。

キャロル&チューズデイはアルバムの制作を続けています。そこにサイドニア・フェスへの出演依頼が来ました。
前に代理でフェスに参加した時は、散々な思いをした2人でしたが、今度はどんな風に観客がどんな反応を示すのか気になります。

そんな中、チューズデイはこれまで目をそらしてきた母親と向き合おうと決意しました。そして彼女を取材したがっている記者・カイルに連絡を取りました。カイルと会って話をするうちに、チューズデイは彼に惹かれるようになりました。しかしチューズデイの恋は長くは続きませんでした。

カイルには、すでに付き合っている人がいたのです。チューズデイの恋を見守ってきたキャロルは、悲しむチューズデイを黙って受け入れました。どんなことが辛いことや悲しいことがあっても、黙って受け入れてくれる友達がいるのはいいものですね。

一方、大統領当選を目指すヴァレリーは、コンサルタントのジェリーの提案を受け入れて、対立候補との差を縮めていました。さらに差を縮めるために、ジェリーはウェザープラントが爆発したのです。その実行犯は、地球からの移民だと噂が流れました。移民受け入れ拒否を進めるヴァレリーは、これでさらに支持者を増やしました。

というわけで、チューズデイの恋を軸に、どんどん不穏になってゆく火星の状況が描かれました。アンジェラにまとわりつくストーカー、ジェリーに言われるままに市民を扇動して難民を排除しようとするヴァレリー。どちらの行方も気になります。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/11074-1563a5b3

キャロル&チューズディ フジ(8/21)#18
第18話 only Love can Break Your Heart アーティガンはタオと意見が衝突。アンジェラに歌って欲しいが、中々噛み合わない。このままじゃサイドニアフェスに参加できなさそう。アーロンが事故に遭遇、自動運転の車に惹かれて怪我。もうアンジェラには関わりたくない、安全だと言ったのに。ストーカーのブラックナイトからメールで行動も把握していた。これは少し度を越えている、警察に連...

2019.08.26 20:33 | ぬるーくまったりと 3rd