日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


狡噛が雑賀譲二の協力で、次の槙島の狙いを知るお話でした。

公安から逃亡した狡噛は、征陸の隠れ家で拳銃とバイクを手に入れました。そして狡噛が、再び雑賀譲二の元を訪れました。槙島が次は何をするのか、そのヒントを得るためです。

2人のやり取りから、これまで見えなかった世界の状況が見えてきました。シビュラシステムを導入した日本は、鎖国状態にあり、そのおかげで世界の混乱とは無縁に平和を維持していました。海外からの食料の輸入に依存しないために、この世界の日本ではハイパーオーツと呼ばれる穀物を完全自動化した農場で栽培していました。

槙島の起こした事件により、首都圏の防犯システムはまだ完全に復旧していません。システムが完全復旧するには、あと5日が必要です。その間に、槙島は何か行動を起こすと狡噛は確信していました。その答えが、ハイパーオーツでした。国内の食料の全てをハイパーオーツがまかなっているため、そのシステムにトラブルが起きれば再び混乱が訪れそうです。
こうして狡噛は、槙島の次の狙いをつかみました。

狡噛がいなくなった後、公安にも動きがありました。シビュラシステムと接続されている局長が、なぜか朱にシビュラシステムの真実を伝えることを決定したのです。シビュラシステムはなぜ、朱に大きな秘密を明かすことにしたのでしょうか。
狡噛と槙島の対決、それにシビュラシステムの思惑も加わり、ますます面白くなってきましたね。(^^)

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/11072-cc90d024