日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


新たな十二支・杞紗が登場するお話でした。

雨宿りをしていた透と由希は、捜し物をしていた潑春と出会いました。潑春が探していたのは、十二支の1人で虎の物の怪に憑かれている杞紗でした。杞紗は、学校で陰湿なイジメを受けて心を閉ざしていました。

最初は透にかみついたりした杞紗でしたが、同じようにイジメられた過去を持つ透が、自分の気持ちを分かってくれることに気づいてからは、すっかり透に懐きました。

杞紗はイジメが原因で、言葉を話さなくなっていました。そんな杞紗と、由希はかっての自分の姿を重ねました。慊人に精神的に追い込まれて、由希も心を閉ざしていた時期があったからです。

そして透や由希と過ごしたことで、なんとか杞紗は言葉を取り戻しました。そして杞紗はイジメと向き合い、それに立ち向かうことを決めました。

そんな杞紗に背中を押されたように、由希もこれまで固辞してきた生徒会長を引き受けることを決意したのでした。

以前の紅葉のエピソードと同じく、今回のお話も悲しいけれど心に残る内容でした。
この物語は、傷ついた人の心にそっと寄り添って、優しく全てを受け入れてくれるところが本当にいいですね。落ち込んだり苦しい時、この物語をみると明日を少しでもよくするために、もう少しだけがんばってみようと思えます。(^^)

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/11060-84acc68d