日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 読書(その他) › 三体/劉 慈欣
2019-07-30 (Tue) 21:30

三体/劉 慈欣

話題の中国SF「三体」を読み終えました!

物語は、文化大革命の中国から始まります。その時代は、知識人にとっては生きづらいものでした。女性科学者・葉文潔は、父を革命集会で殺害され、自身もまた不本意な生き方を強いられていました。そんな彼女は紆余曲折の末、極秘に実行されているとあるプロジェクトに関わりました。

一方、現代ではナノテク素材の研究者・汪淼が、不可解な事件に巻き込まれていました。自分の身に起きた謎を追ううちに、汪淼は「三体」の驚くべき真実を知ることになります。

本当は物語の内容をもう少し詳しく語りたいのですが、何を書いてもネタバレになりそうで^^;、ほとんど内容に触れられないのが残念です。ぜひ実際にこの本を読んで、その面白さを自身で体験して欲しいです!

中国SFということで、登場人物の読み方などに最初は戸惑いましたが、途中からそんなことが気にならなくなるほど面白くなりました。夢中になってSF小説を読んでいた頃の、ワクワクした気持ちが蘇ってきた感じです。
物語はひとまず決着しますが、これで終わりではなく三部作として発売されたものの最初の1冊が翻訳されたのだそうです。続く2巻、3巻でどんな展開が待っているのか、今から楽しみです!(^^)

最終更新日 : 2019-07-30

Comment







管理者にだけ表示を許可