日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


キャロルとチューズデイがすれ違ってしまうお話でした。

マーズ・ブライテストは準決勝を迎えています。今回最初の対決は、GGKとアンジェラでした。GGKはそのスピリチュアルな魅力を発揮した曲を歌います。一方、アンジェラは本番直前にタオの指示で曲が変更になりました。それは前回の曲とは対照的に、ポップな雰囲気のものでした。

2人とも素晴らしいステージでしたが、勝利したのはアンジェラでした。GGKも素晴らしかったですが、あえて前とは正反対な曲を歌ってみせたアンジェラの懐の深さが勝負の分かれ目になりました。

続いては、ピョートルとキャロル&チューズデイの対決・・・なのですが、ここでトラブル発生です。チューズデイの熱烈なファンであるシベールは、ユニットを組もうという申し出を拒否されたことで態度を豹変させました。チューズデイは、そんなシベールのことが気になります。しかし、キャロルは不快感を隠しません。

立ち去ったシベールを追いかけるうちに、チューズデイはキャロルとはぐれてしまいました。ピョートルのステージが終わり、2人の出番が迫っています。それなのに、2人はすれ違い続けています。そんな時、チューズデイは自分の誕生日を祝う箱が置かれているのに気づきました。

チューズデイが箱を開けると、白い煙が吹き出しました。そんなチューズデイの叫びを聞きつけて、ようやくキャロルはチューズデイをみつけます。チューズデイにいったい、何が起きたのでしょうか!? その原因は、やはりシベールなのでしょうか!?

大舞台を前に、トラブル発生です。キャロルがチューズデイに渡そうとしていたのは、やはり誕生日のプレゼントでしょうか。そしてトラブルを乗り越えて、2人はピョートルに勝利してアンジェラと対決することができるのでしょうか。
そういえば、審査員の1人が、2人と悪い意味で縁のあるDJアーティガンなのも不安材料ですね。(^^;

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/11023-a15e90ff

キャロル&チューズディ フジ(6/12)#10
第10話 River Deep, Mountain High マーズ・ブライテスト・コンテストも準決勝。4人を審査するマンスリーゲストがDJアーティガンだった。先ずはGGKとアンジェラ、続いてピョートルとキャロル&チューズデイ。アーティガンは二人を覚えて叫ぶ。楽屋にシベールが待っていた、チューズデイは唯一の希望で拠り所だった。でもサヨウナラと去っていく。気になって追いかけるチューズディ。GG...

2019.06.20 00:59 | ぬるーくまったりと 3rd