日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 海外文学 › トリック/エマヌエル・ベルクマン
2019-04-27 (Sat) 18:23

トリック/エマヌエル・ベルクマン

エマヌエル・ベルクマンさんの「トリック」を読み終わりました。

物語は2つの視点から語られます。1つはプラハに暮らす、貧しいユダヤ人の少年モシェ。もう1つは現代のロサンゼルスに暮らす、両親が離婚することになったマックスという少年。

はじめ2つの物語は関連がなさそうに見えますが、途中からそれが1つの物語として重なり始めます。

やがて物語は、一方の展開がもう一方の疑問の答えとなる形になっていきます。その時には。もう完全に物語の虜になっていて目が離せなくなり、最後まで一気に読み終えました。

詳しく内容を紹介すると、これから読む方の楽しみを奪ってしまいそうで書けませんが、メルヘンのような雰囲気もありながら、その中には重い歴史もあったり、人生の辛さもあったりしますが、最後まで読み終えた時の感動が素晴らしい作品でした。

ちょうど長い連休に入りましたし、何かいい本ないかなと思っている方がいたら、ぜひお勧めしたい1冊です!(^^)

最終更新日 : 2019-04-27

Comment







管理者にだけ表示を許可