日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


今回はアクション・シーンはなく、公安での初仕事の後で思い悩む朱が描かれました。

狡噛を撃ったことで、朱の気持ちは揺れていました。全てが数値で判断される世界で、超優秀だと判定されどんな仕事でも選べた朱が、なぜわざわざ公安の仕事を選んだのか。友人たちや縢秀星との会話を通して、その理由が描かれます。

そしてそんな朱の悩みが、5歳の時にサイコパス判定を受けた秀星からすれば、"贅沢な悩み"としか思えない気持ちも共感できるものでした。

思い悩む朱を救ったのは、意識を取り戻した狡噛の言葉でした。機械に言われるままに生きることが当たり前の世界で、朱は踏みとどまって自分の頭で考えた。そんな人間が上司なら信頼できる。これでようやく朱は吹っ切れました。

派手なアクションシーンはないお話でしたが、朱を中心に登場人物の心情が丁寧に描かれていてよかったです。
また、日常的な描写も多く、朱たちが暮らしている世界の様子が垣間見えたのもよかったです。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/10974-79d8b488