アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆
明治東亰恋伽 #9
2019-03-09 Sat 21:00
芽衣と鴎外が、それぞれに思い悩むお話でした。

藤田のところで元の時代を思い出した芽衣は、そこに帰るよりも今の方がいいことに気がつきました。いつの間にか、芽衣は鴎外とずっと一緒にいたいと思うようになっていたのです。

ところが、あいにく鴎外は小説の執筆中で、芽衣はなかなか顔を合わせることができません。鴎外は毎晩月を見上げる芽衣の姿をみて、彼女がいつか自分の前からいなくなってしまうのではと悩んでいたのです。

しかし、芽衣の悩みは唐突に現れたチャーリーのおかげで解決しました。次の満月の夜には絶対に帰らなければいけないというわけではなかったのです。一方、「舞姫」の執筆を進める鴎外は、過去に別れた(?)恋人の姿が現れて、執筆の手をとめました。鴎外は過去に、なにかあったようです。

今回は、突然やって来て嵐のように去って行った岡倉天心のぶっ飛びぶりに驚きました。(^^;
別窓 | 明治東亰恋伽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨| .
<<同居人はひざ、時々、頭のうえ。 #9 | 日々の記録 | revisions #8>>
この記事のコメント

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| HOME |