時々の記録

コンピュータとアニメ感想etc.のブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › revisions › revisions #4
2019-02-06 (Wed) 15:03

revisions #4

リヴィジョンズとの交渉が行われるお話でした。

密かにリヴィジョンズと接触した渋谷区長の牟田は、リヴィジョンズの帰還名簿の中に自分の名前があることを確認して、彼らとの交渉を進めます。渋谷臨時政府の総理を自称した牟田は、リヴィジョンズとの交渉材料として大介たちが手に入れたパペットを引き渡すことにも同意していました。

大介はそれに強く反発しますが、例によって自己満足な正義感を振りかざすだけなので、周囲の協力を得ることができません。そして渋谷警察署長の黒岩は、ミロからより詳しい状況を聞き出そうとしていました。しかし、これも牟田がリヴィジョンズにミロを差し出すことを決めたため、中断させられました。

そんな中、ガイやルウは黒岩と連携して、牟田が公表してない事実を突き止めました。今回の第一次帰還名簿には、牟田の名前も含まれていること。そして、これが残された人たちを見捨てる計画だということを突き止めました。ガイとルウ、そして大介の代わりに手真輪がパペットを奪還しました。

その頃、牟田は第一次帰還者と共にリヴィジョンズと接触していました。しかし、交渉の場にミロを連れてきていなかったことから、交渉は決裂しました。そしてリヴィジョンズは、集められた人々に襲いかかりました。それをガイやルウ、そして手真輪からパイロットを代わった大介がパペットに乗ってリヴィジョンズを撃退しました。

こうして牟田はあっけなく失脚、代わりに人々を守った大介たちの評価が上がりました。これでまた、大介が調子づかないといいんですけど。(^^;

今回、第一次帰還名簿に大介たちの仲間の慶作の名前があったのが意外でした。大介たち全員が、リヴィジョンズにとって重要というわけではないのでしょうか!?
そして、今回の出来事とは別に、ミロが大介たちのいた時代に跳躍する指令を受けました。大介たちが出会ったミロは、やはりこの世界のミロだったのでしょうか!?

最終更新日 : 2022-10-30

Comment

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
revisions フジ(1/30)#04
第4話 第一次帰還計画 牟田区長は緊急時に於いて臨時総理として発言する。リビジョンズと手を組み第一次帰還者リストを公表する。 ミロの所属するアーヴも未来の組織でどちらが正しいなんて分からない。ストリングパペットも彼らに引き渡す。 大介はリビジョンズを殺人組織だと力説するも誰も賛同しない。早く元の世界に帰りたい人たちばかりだった。リビジョンズのニコラスが大介に接触する。縫い... …
2019/02/06 16:13 ぬるーくまったりと 3rd