日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

「やがて君になる」も今回で最終回です

侑はこよみと一緒に、生徒会劇のラストを変更しようとしています。しかし、前後のつじつまを合わせなければならないので、変更作業はかなり難航しています。この喫茶店の場面、人物を変えて、燈子と沙弥香、理子先生と都という形で繰り返し描かれていたのが印象的でした。

姉の果たせなかった生徒会劇を演じる。そのことに燈子は迷いがありません。しかし、その目的を果たしてしまった後、自分はどうなるのか。それを考えると燈子は不安になってしまいます。そんな時は、侑に連絡したくなりますが、タイミング良く侑の方から燈子を誘ってくれました。

そして2人は、一緒に水族館に行きました。水族館や帰りの電車での2人様子は、本当にラブラブなカップルという感じですね。しかし侑は、これから燈子に辛い思いをさせることになるかもしれない劇の変更を実行しようとしています。

こよみから頼まれて、劇の題名を考えていた侑は、「君しか知らない」というタイトルを思いつきました。
というお話はこれからというところで、ひとまず最終回になってしまいました。(^^; 2期に続くとは思いますが、できれば最後まできっちりと完結させて欲しかったなあ。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/10879-889ba946

やがて君になる BS11(12/28)#13終
最終回 第13話 終着駅まで 夏休みももすぐ終わると命日が過ぎて文化祭で演劇を披露する。お盆で実家に帰省中、姉の墓参り。 お姉ちゃんが出来なかった劇、それが終わると私は…。 小糸はこよりと都のカフェechoで台本の修正を行う。こよりが書き直すので小糸は辻褄が合わない部分をチェックする。新しい台本が完成すると小糸の出番が増えるけれど良いの。 それと劇のタイトルを考...

2018.12.31 03:10 | ぬるーくまったりと 3rd