日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


白色彗星が、ヤマトの前に現れるお話でした。

先日の戦いで、艦内にいるスパイがヤマトの位置を知らせているのではという疑惑が生まれました。山本はキーマンと桂木透子の接触に不審を感じて、桂木にカマをかけました。桂木の正体は、ガトランティスの巫女・サーベラーでした。

ヤマトのクルーはサーベラーを追い詰めようとしますが、サーベラーは巧みに逃げ回り簡単には捕まりません。そんな中、突如としてヤマトの前にガトランティスの本拠地である巨大白色彗星が現れました。ヤマトはその本拠地に引き込まれそうになります。

この危機を救ったのは、ガトランティスが白色彗星を操作するために、もう1人のサーベラーを生み出したことでした。
2人のサーベラーは、それぞれが自分こそが本物だと精神的に共鳴して主張し合います。サーベラーは、普通のガトランティス人とは違い、純粋体と呼ばれる特異な存在らしいです。

混乱したサーベラーは、周囲の艦隊にも影響を与えます。ヤマトはガトランティスの本拠地で、敵の艦隊群に取り込まれますが、それが幸いして攻撃を受けずにすみました。そして大帝がサーベラーを殺した隙を突いて、ヤマトは何とか白色彗星から脱出したのでした。

う〜ん、やっぱり今回も何がなんだかわからないお話でしたね。(^^;
続きが気になるので、次回以降も視聴は続けますが、感想はパスする方向になりそう。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/10872-48e5d955

宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち テレ東(12/21)#12
第十二話 驚異の白色彗星帝国・ヤマト強行突破! サーベラは彗星帝国唯一の巫女。新たな作戦で桂木透子が生まれた。 キーマンはデスラー砲を案じていた。桂木透子にガトランティスが持っているのかと問いかける。デスラーは部下を集めて単独行動、ミルが拘束されたクーデター状態。ズォーダー大帝は大目に見て遊ばせる対応。真田は白色彗星の写真を手に入れて解析中。テレザートからエネルギーの吸収も終わり、...

2018.12.26 14:47 | ぬるーくまったりと 3rd

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第十二話  『驚異の白色彗星帝国・ヤマト強行突破!』
傍から見るとクラウス・キーマンを巡る 桂木透子と山本玲の愛憎劇に見えますが そんなものではないのですね。 ガトランスの中に入ったヤマト。 そこで起こった桂木透子とサーベラーの葛藤。 クローンが本体に乗っ取られる? これはバイロケーションみたい。 サーベラーは人間だったのね。 そして唯一まともな腹心だった サーベラーの首...

2018.12.24 19:18 | 奥深くの密林