日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › ソードアート・オンライン アリシゼーション › ソードアート・オンライン アリシゼーション #7
2018-11-19 (Mon) 18:57

ソードアート・オンライン アリシゼーション #7

キリトとユージオが修剣士となり、整合騎士を目指しているお話でした。

現実世界でアスナの物語が進行する間に、キリトのいる世界では2年が経過していました。ユージオと一緒に村を出たキリトは、剣の技倆を競う大会で優勝して修剣士となっていました。

キリトは修剣士として、学院次席のソルティリーナの傍付きとなりました。キリトは日々技倆を向上させていましたが、いまだにソルティリーナからは一本も取ることができません。キリト自身のスキルが不足していることもありますが、それ以上にこの世界を構成するシステムに鍵があるとキリトは考えていました。

この世界には、SAOなどにはなかったパラメータが存在していました。それは心の強さと関係しているようです。心が強いほど、それが戦いの時に技倆以上にものをいうようです。さらにキリトは、それを突き詰めれば心の強い者は、この世界のシステムさえ書き換えられるのではないかと考えました。

そしてキリトは、卒業を控えたソルティリーナとの修行に励んでいます。キリトと戦いながら、ソルティリーナは彼がまだ真の力を隠していると確信していました。それをキリトに話すと、卒業祝いとして本気の力を先輩に見せることをキリトは約束しました。

そのためには、必要なものがありました。村を出る時、キリトは頑丈な木の一部を与えられました。本来なら何世代もかかるほど硬い木の先端は、適切な処理をすれば強力な剣になるのです。都にやって来た時、キリトはそれを村で紹介された職人に預けていました。その剣が完成する日が、ソルティリーナと約束した日だったのです。

職人の手で磨き抜かれた木は、強力な剣へと変わっていました。さっそく剣を試したキリトは、これを使えば今まで不可能だった連撃も可能になると感じていました。そんなキリトの様子を、学院主席のウォロ・リーバンテインが見ていました。練習に熱中していたキリトは、誤ってリーバンテインの服に泥をつけてしまいました。

そしてキリトは、成り行きでリーバンテインと試合をすることになってしまいました。普段なら、こういった試合は寸止めで行います。しかしリーバンテインは、寸止めはしないと言います。それをキリトは、受けて立ちました。この試合の背後には、キリトのことを快く思わない貴族の修剣士もからんでいそうです。

ソルティリーナさえ勝ったことがない相手に、キリトは勝つことができるのでしょうか!?
次回の2人の対決が待ち遠しいです。(^^)

最終更新日 : 2018-11-19

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
ソードアート・オンライン -アリシゼーション- 第7話 剣の学び舎
 リーナ先輩登場。 …
2018/11/25 08:19 つれづれ
ソードアート・オンライン アリシゼーション BS11(11/17)#07
第7話 剣の学び舎 キリトとユージオはルーリッドの村を出て近くの街の剣術大会で優勝。 兵士に採用されて北セントリア帝立修剣学院に修剣士として入学した。 2年が経過して整合騎士となりキリトは学院次席のソルティリーナの傍付になっていた。 この世界では個人の思いが剣技にも反映される。幼い頃から剣を学んできたソルティリーナには敵わないキリトだった。 しかし木刀... …
2018/11/19 19:21 ぬるーくまったりと 3rd