日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 刀使ノ巫女 › 刀使ノ巫女 #12
2018-09-24 (Mon) 00:10

刀使ノ巫女 #12

ついに可奈美と姫和が、タギツヒメと化した折神紫と対決します!

仲間の支えで、ついに可奈美と姫和は紫のところまでたどり着きました。しかし大量のノロを取り込み、タギツヒメと化した折神紫は恐るべき力を持っていました。S装備によって強化されている可奈美と姫和の攻撃さえ、紫は読み切ってみせたのです。

一方、結芽との戦いで消耗したエレンと薫は、ようやく動けるところまで回復しました。残された力は多くありませんが、2人は可奈美と姫和のところを目指します。

また夜見と高津学長に行く手を阻まれた舞衣と沙耶香は、戦いを決着させるために舞衣が夜見と戦います。なんとか夜見を倒したものの、舞衣の消耗も大きなものでした。そして沙耶香は、高津学長と決別しました。人を道具としか見ない高津学長ですが、それを沙耶香に哀れまれたことにショックを受けたのでした。

そして可奈美と姫和のS装備の稼働限界時間が近づいていました。戦いの中、可奈美は紫が全ての動きを読めるのではないことに気づきました。可奈美と姫和が2人で攻撃しても、紫はその全てに応じてしまいます。その上、タギツヒメの力で紫の腕は6本に増えてしまいました。

苦戦する可奈美たちのところに、エレンと薫、舞衣と沙耶香が到着します。これで1本の腕ごとに、1人が戦えばいいことになります。6人の攻撃を受けても、紫の力は全く衰えません。そしてついに、可奈美も紫の攻撃を受けて、気絶してしまいました。

もはやこれまでと思いきや、気絶した可奈美の中にお母さんの美奈都が憑依しました。そんな美奈都の攻撃で、ついに紫もダメージを受けました。そこに姫和が、母譲りの秘剣を使ってタギツヒメを封印しようとします。姫和の刀は、紫を貫きました。

ここで可奈美が意識を取り戻しました。タギツヒメと共に犠牲になろうとする姫和を、可奈美は守り抜きました。その結果、姫和は助かりましたが、荒魂は各地へと散らばってしまいました。次は総集編で、新たな物語が動き出すのはその次からになるようですね。

最終更新日 : 2018-09-24

Comment







管理者にだけ表示を許可