日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

ついに綾乃となぎさの決戦のスタートです!

お母さんが帰ってからも、綾乃は口をきこうとしません。綾乃も精神状態に問題がありますが、全てがバドミントン中心のお母さんにも大いに問題がありそうです。

そんな中、綾乃となぎさは昔のことを思い出していました。綾乃はお母さんが家から出て行きコニーを見いだしたこと、なぎさは綾乃に屈辱的な敗北を喫した時のことです。精神的にひねくれた綾乃に対し、なぎさは過去の受け入れた上で、昔の自分を乗り越えようとしています。

立花コーチのセリフにもありましたが、なぎさは本当に精神的に成長しましたね。また顧問の太郎丸先生が言うように、今の綾乃が才能や環境に恵まれていたとしても、今の綾乃を作り上げたのは綾乃自身の努力の積み重ねという言葉にも納得できるものがありました。

そしてついに、決勝が始まろうとしています。会場には、バドミントン部を辞めてしまった先輩たちも顔を見せました。
その1人が、綾乃が先輩を"ちゃん"呼ばわりしてるのに不快感を示したのは、深く共感しました。(^^;

綾乃となぎさの試合が始まる直前、周囲は2人を励まします。しかし綾乃は、そんな同情はいらないと好意をはねつけます。そんな綾乃を、エレナが叱ります。しかし今の綾乃は、エレナの言葉さえ届きません。綾乃をバドミントンに復帰させたことを、エレナは後悔していました。

そんなエレナは、綾乃のお母さんと出会いました。詳しく説明されるまで、お母さんはエレナのことを覚えていませんでした。お母さんの頭の中には、バドミントンのことしかないようです。そんなお母さんに、エレナは言いたいことがあると伝えました。エレナは、何をお母さんに伝えるつもりなのでしょうか。

そして綾乃となぎさの対決が始まりました。それまでの力押しするなぎさと違い、この試合では慎重に綾乃の動きを読みながら頭脳的プレーをしています。それにはスマッシュの連発で膝への負担を減らす意図もありそうです。
そしてなぎさは、綾乃に2点先行しました。いつもと違うなぎさのプレーに綾乃は驚きますが、悪魔的な表情は変わりません。この勝負に勝つのは、果たしてどちらなのでしょうか。

というわけで、ついに決勝戦の開始です。普通なら主人公の綾乃を応援するのでしょうが、この作品に限ってはなぎさに綾乃を完膚なきまでに叩きのめして欲しいと思ってしまいます。(^^;

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/10728-375d4ee2

はねバド! BS11(9/16)#11
第11話 バドミントンが好きだから私は何のためにバドミントンを続けているのだろうか?綾乃もなぎさも考えていた。 神奈川県女子バドミン大会予選決勝戦まで3日。葉山と岳が部活に顔を出す。もう受験勉強を始めていてもおかしくないのに。岳は学年トップ10に入る優秀さ、葉山は下位から20番程度。せっかくだからと葉山と練習試合をする綾乃。綾乃のディフェンスは優秀で葉山にスマッシュを何度も打たせる...

2018.09.18 01:43 | ぬるーくまったりと 3rd