日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

インターハイ予選の決勝を前に、再びコニーが綾乃の前に現れるお話でした。

インターハイ予選の決勝は、綾乃となぎさで戦うことになりました。心が病んでいる綾乃と、膝に不安を抱えるなぎさの戦いです。綾乃と対戦することは、なぎさにとって過去のトラウマを思い出させるものでした。本来は体を休めるべきなのに、不安を紛らわすために理子に頼んで個人練習を続けています。

一方、綾乃の前には再びコニーがやって来ました。フレゼリシア女子の主将・志波姫とやって来たコニーは、綾乃との再戦を申し込みます。前にあった時とは違い、綾乃もコニーを迎えうつ勢いです。ところが、綾乃の大好きなゆるキャラのストラップが壊れてしまい、急遽みんなで遊びに出かけることになってしまいました。

みんなで遊ぶうちに、なんとなく雰囲気もよくなって、志波姫はコニーに本当の目的を果たすようにすすめます。それは綾乃に、コニーとお母さんと一緒に家族になろうと伝えることでした。コニーは綾乃のお母さんの、本当の娘ではありませんでした。

デンマークに行った綾乃のお母さんは、そこで一番バドミントンが上手い子として紹介されたのがコニーだったのです。
その日からコニーは、綾乃のお母さんと生活してきました。やがてコニーは、お母さんには実の娘の綾乃がいることを知りました。綾乃のことを、お母さんはお姉ちゃんだとコニーに教えました。

そしてコニーは、綾乃に会いたくて日本にやって来たのです。しかし、自分を捨てた母のことを、綾乃は憎んでいました。家族になって欲しいと頼むコニーに、綾乃は今度は私がお母さんを捨てると告げたのでした。

傷心のコニーは、志波姫と一緒にフレゼリシア女子の仲間たちのところに帰りました。そこでは、仲間たちがコニーのことを心配して待っていました。仲間たちは、そんなコニーを温かく迎えました。

一方、綾乃の前には唐突にお母さんが帰ってきました。次回は母娘の間で、血の雨が降りそうな気が・・・。(^^;

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/10705-0f2f6032

はねバド! BS11(8/26)#09
第9話 なりたいのは”友達”じゃないインターハイ県大会予選の初日が終了。女子決勝戦は、なぎさと綾乃。男子は翌日からのスタートらしく葉山は学に勝てない。そんな笑う葉山が無理していることを分かる悠。 コニーと志波姫唯香が訪れた。宮城予選は終了、全国出場はコニーと志波姫に決定していた。綾乃に勝負を求めるコニー、決勝戦前日でもOKする綾乃。 しかしバッグに付けた、ほえほえキーホル...

2018.08.28 21:54 | ぬるーくまったりと 3rd