日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 多田くんは恋をしない › 多田くんは恋をしない #13
2018-08-22 (Wed) 00:06

多田くんは恋をしない #13

「多田くんは恋をしない」も、ついに今回で最終回です。

テレサと会うことは出来たものの、自分の思いを伝えることは出来なかった多田君。そんな多田君を、薫が見つけました。女王になるというテレサの覚悟を知った多田君は、自分の思いを伝えぬまま帰ろうとします。しかし、そんな多田君に薫が食い下がりました。

かって両親が亡くなったお葬式の時でさえ、多田君は泣き顔を見せませんでした。しかし、テレサに思いを伝えられなかった今、多田君は涙を流しています。それはテレサとのことが、多田君にとって本当に悲しいからじゃないかと薫は説得します。

そして薫は、多田君のポケットに手紙が入っているのを見つけました。それは竜崎麗子さんが、帰り際に多田君に渡したものでした。それはパーティーの招待状でした。多田君はまだ、テレサと会うチャンスがあったのです。しかし、それを知っても多田君は全てを諦めかけます。

そんな多田君から招待状を奪った薫は、それを川に捨てようとします。それで思わず、多田君は止めに動いてしまいました。やはり多田君も、このまま終わりにしたくはなかったのです。薫の手から本当に招待状が川に落ちてしまい、ヒヤヒヤする場面もありましたが、なんとか多田君はパーティーに参加することが出来ました。

一方、多田君と別れたテレサも泣いていました。そんなテレサに、静かにアレクが寄り添います。そんな2人の会話を、ドア越しにシャルルは聞いてしまいました。テレサの気持ちを知ったシャルルは、何も言わずにその場から立ち去りました。

そして多田君は、再びテレサの前に現れました。驚くテレサに、シャルルが気を利かせて、多田君と2人だけの時間を作ってくれました。そしてようやく多田君は、自分の本当の思いを、テレサが好きだということを伝えました。・・・ここまで来るのが本当に長かったなあ。(^^;

そしてテレサも、自分の気持ちを永遠に封じ込めようとしていたことを伝えます。こうして多田君とテレサは、ようやく素直に、お互いの気持ちを伝えることが出来たのでした。

・・・と思ったら、いきなり場面が変わって高校の卒業式になりました。多田君とテレサはどうなったの!?と思いながらも、平穏な日常が描かれます。そして写真を撮っていた多田君の前に、テレサが現れました。なんとシャルルが婚約を破棄してくれて、テレサは再び多田君のところに来ることが出来たのです!!!

というわけで、最後はきれいにハッピーエンドで終了です。「ローマの休日」的な、切ないラストもあるのかと思っていたので、2人がちゃんと結ばれてくれて本当によかったです。(^^)
とはいえ、テレサはラルセンブルクの王位継承者な事実は変わってないわけで、将来的には多田君はラルセンブルクの王様ってことになるのかな!?(^^;

最終更新日 : 2018-08-22

Comment







管理者にだけ表示を許可