日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


福家警部補の再訪 (創元クライム・クラブ)大倉崇裕さんの福家警部補シリーズ第2作、「福家警部補の再訪」を読み終えました。

今回は4つの事件を福家警部補が解決します。「マックス号事件」は、人気の客船で警備会社の社長が起こした事件です。
「失われた灯」は、大人気の脚本家が自作自演の誘拐事件を仕組み、不可能と思える状況で殺人を行います。「相棒」は、落ち目の漫才コンビの解消にまつわる事件。「プロジェクトブルー」は、フィギュアの世界を舞台にしたお話でした。

前作と同じく、1つ1つのお話はけっこう面白かったです。ただやはり、前作と同じく主人公の福家警部補に対する違和感が消えませんでした。1作目を読んだ時は、それがなぜか分かりませんでしたが、2作目まで読んで福家警部補に、あまりにも現実感がないからだと気づきました。

毎回のように警察バッヂをなくすのはご愛敬ですが、犯人や関係者から情報を集める時の話しぶりに、特に嘘くささを感じました。福家警部補が、女性でなければいけない必然性も感じられないのも残念ポイントですね。男性捜査員が気づかない、女性ゆえに視点をもっと活用してもいい気がしました。

このシリーズ、第5作まで刊行されているようですが、この続きはどうしようかなあ。(^^;

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/10657-58e26d52