日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 刀使ノ巫女 › 刀使ノ巫女 #2
2018-07-16 (Mon) 00:16

刀使ノ巫女 #2

成り行きで、姫和と共に逃げることになった可奈美。そして姫和が紫に刀を向けた理由が明かされます。

御前試合の決勝戦で、姫和は折神紫に襲いかかりました。しかし、姫和の攻撃を紫はどこかから取り出した刀で防いでいました。そんな姫和の逃亡に手を貸したために、可奈美も追われる身となってしまいました。

逃げ出しはしたものの、可奈美はこれからのことを全く考えていませんでした。一方、姫和は逃亡に備えて、近くの神社に逃走資金を用意していました。姫和は可奈美に、なぜ手を貸したのかと聞きます。はっきりと目撃したわけではありませんでしたが、可奈美は姫和が紫に襲いかかった時に、どこからか刀を取り出したこと、そして紫の背後に荒魂らしきものを目撃していたのです。

トラックの荷台に潜り込んだ2人は、そのまま東京へたどり着きました。とはいえ、宛てのある行動ではありません。ひとまず宿に落ち着いた可奈美は、友人の舞衣に連絡を取りました。可奈美ははっきりと居場所を告げませんでしたが、舞衣は資産家の娘のようで、その人材や財力を使って可奈美の居場所を突き止めました。

その頃、可奈美と姫和は荒魂の気配を察知していました。逃亡中の身であることを理由に、姫和はそれを放置しようとします。しかし、可奈美はそれを認めませんでした。刀使ノ巫女であるということは、何よりもまず荒魂と戦うことを優先すべきだからです。

戦いが終わったところに、舞衣が現れました。舞衣は、可奈美が姫和と共に行動することを止めるようとします。しかし、舞衣の言葉を可奈美は聞き入れませんでした。可奈美の決意を知った舞衣は、それ以上は無理強いしませんでした。
可奈美と姫和は、刀使ノ巫女の頂点に立つ紫を荒魂から解放することが出来るのでしょうか!?

最終更新日 : 2018-08-06

Comment







管理者にだけ表示を許可