日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

部長が、大好きなグラビアアイドルのイベントに当選したお話でした。

写真部の部長が、なにやら驚喜しています。これまで人前に出ることが少なかったグラビアアイドル・HINAと、直接顔を合わせることができるイベントに当選したのです。せっかくのチャンスを活かしたい部長ですが、いざ好きな人の前に出ると何も言えなくなってしまいそうです。その日に備えて、部長は入念な練習を続けます。

一方、そのアイドルの正体は、やっぱり委員長こと日向子でした。日向子はちょっとした偶然から、グラビアアイドルになってしまいました。日向子は部長のことが好きですが、部長は目の前の自分ではなくグラビアアイドルとしての自分にしか興味を持ってくれません。日向子は部長に、普通の女の子としての自分を好きになって欲しかったのです。

そしてイベント当日、部長を心配して多田君たちがサポートに入りました。案の定、部長は考えすぎて奇抜すぎるファッションで会場に現れました。そしてついに、HINAの前に立ちました。でも、いざとなったら部長は何も言えなくなってしまいました。そんな時、部長は日向子に言われたことを思い出しました。

緊張した時は、人の字を手に書いて飲み込む。そのおかげで、「生まれてきてくれてありがとう」という言葉だけは伝えることが出来ました。その時のお礼を、部長は日向子に電話で伝えます。そんな部長の言葉に、日向子もいつかは自分がHINAだと伝えようと思うのでした。

ありがちなエピソードではあるのですが、日向子の心の動きが丁寧に描かれていて面白かったです。(^^)

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/10614-432c1e9a