日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

ついにリクたちと、ブレイクデカールを配布していた男との対決です!

謎の男は、リクにGBNが欺瞞に満ちた世界だと憎しみを露わにします。リクはGBNを愛している人たちがいると応じますが、男はそれを聞き入れようとはしません。そこにキョウヤとタイガーウルフとシャフリヤールが現れました。タイガーウルフは、男につかみかかりました。しかし男と見えていたのは仮の姿で、その実体はハロ型のアバターの中に隠れていました。

リクたちの前から姿を消した男は、GBNを破壊するためにビグザムを起動しました。それは新たなブレイクデカールによって強化されたビグザムでした。そのビグザムは、ブレイクデカールを使うプレーヤーたちの操作を乗っ取り、制御を奪い取りました。そしてビグザムを中心に、マスダイバーのネットワークが構築されました。

ビグザムの攻撃は凄まじく、一撃で多くのガンプラが犠牲になりました。そればかりか、強化されたブレイクデカールによって、GBNのメインシステムにもバグが侵入し始めました。バグの影響は有志連合が戦うフィールドだけでなく、他の世界にも影響を与え始めました。

それでもリクたちは、戦うことを諦めません。リクはキョウヤと共に、ビグザムへと突撃します。しかしビグザムは、強力なIフィールドに守られていて、遠距離からの攻撃は受け付けません。それならと、キョウヤは近接戦闘を試みますが、なんとビグザムはそんなキョウヤの攻撃さえはじき返してみせたのです。

絶体絶命の状況の中、リクはサラを通してガンプラの意志を知りました。リクのダイバーエースは、まだ戦いたがっていたのです。そしてついに、リクはこれまで封じてきたトランザムを解放しました。しかし、トランザムで強化されたリクの攻撃を受けても、ビグザムはそれを受け付けません。

そんなリクに、サラも力を貸してくれました。サラが操縦桿に手をかけると、ダイバーエースに光る翼が生まれました。その翼は、ビグザムの攻撃から味方を守るだけでなく、GBNに広がっていたブレイクデカールを駆逐していきました。そして、ついにはビグザムのブレイクデカールも停止しました。

戦いを決めたのは、タイガーウルフにシャフリヤール、キョウヤの攻撃でした。3人の必殺技を受けて、ついにビグザムは大きなダメージを受けました。最後はリクとサラ、それにビルドダイバーズのメンバーの思いも加えた攻撃で、ビグザムを倒しました!

こうして有志連合は、苦しい戦いを勝ち抜いて勝利をつかみました。またその過程で、傷ついたガンプラに乗り込んでいたアヤメは、仲間に回収されました。リクを裏切った時はどうなるかと思いましたが、これでアヤメもやり直せそうですね。

というわけで、今回は王道的な盛り上がりで燃える展開でした!
しかし、謎の男の正体はいまだ不明です。そしてガンプラの心がわかるサラのことも、まだ何もわかっていません。
ここまでいい感じで盛り上がってきたので、これからの展開も楽しみです。(^^)

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/10613-5cdd6a5e

ガンダムビルドダイバーズ 第12話 『光る翼』 真のチートはサラだった。
あと「Vガンダム」は偉大だ。光の翼ってエフェクトを生み出したんですから。いよいよ前半のクライマックスですね。ようやくローブ男・シバを追い詰めたと思ったら中身は空っぽ。そして超巨大ビグザム出現。ブレイクデカールの影響で実際の縮尺以上にデカくなっていると。 攻撃力もさることながらGBNを破壊するバグを撒き散らすのが厄介。サーバ隔離しているのに影響しちゃうってどんだけ。マスダイバーをせっせと配って...

2018.09.15 12:30 | こいさんの放送中アニメの感想