日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › メガロボクス › メガロボクス #7
2018-05-20 (Sun) 23:30

メガロボクス #7

ジョーが、メガロニアを主催する白都コンツェルンの関係者・樹生と対戦することになるお話でした。

アラガキとの対戦後、ギアレス・ジョーの人気は高まっています。しかし、残されたメガロニアの最後の出場枠は、白都コンツェルンの関係者である、樹生が手に入れることになるというのがマスコミの予想でした。

その一方で、白都コンツェルンも一枚岩というわけではなく、内部では様々な思惑が動いています。現在、その後継者となっているのは白都ゆき子ですが、樹生はその兄でした。樹生が自分こそが、白都コンツェルンの後継者に選ばれると思っていたようですが、指名されたのは彼ではなく、ゆき子でした。

そんな中、樹生とシュガーの対戦が行われました。樹生は人工知能を搭載した、最新型のギアを使用していました。そして樹生は、あっさりとシュガーを下しました。ところが樹生は、あえて自分からギアレス・ジョーとの対戦すると言い出しました。

ジョーたちにとっては、願ってもない話です。アラガキとの傷も癒えたジョーは、樹生との対戦に備えます。しかし、樹生は最初からジョーを利用するつもりでした。彼はジョーの市民IDが、偽造されたものだと知っていた上に、賭博試合で名を知られたジャンクドックだということも知っていたのです。

その情報を盾に、樹生はジョーに自分から身を引けと迫りました。ジョーはそれを聞き入れませんでしたが、南部に力尽くで試合への出場を阻止されてしまいました。せっかくのチャンスを活かせず、このままジョーはメガロニアに参加できないのでしょうか!?

最終更新日 : 2018-05-20

Comment







管理者にだけ表示を許可