日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


メガロニアに挑戦するジョーが、サチオという新しい仲間と出会うお話でした。

藤巻への借金返済に追い詰められた南部は、ジャンクドックをメガロニアで戦わせることを決めました。まずは、メガロニアに挑戦するためのID登録にやって来ました。そこでは、南部の顔を知っている者もいました。今は落ちぶれてしまった南部ですが、昔は市民だったのでしょうか!?

無事にジョーの登録は済ませましたが、実績のないジョーのランクは最下位です。ここからわずか3ヶ月で、南部はジョーを勇利と戦えるところまで持って行かなければなりません。そのためには、まずはギアを何とかしなければなりません。勇利の使う最新型のギアと、ジョーが今使っているギアでは能力に違いがありすぎるのです。

とはいえ南部に、高価なギアを買う資金はありません。いかがわしいショップでパーツを手に入れて、せめて今のギアをもう少し何とかしようとします。

そこでジョーは、ストリートチルドレンのサチオたちと出会いました。彼らは街で盗みを働いては、その商品をショップに買い取ってもらっていたのでした。彼らは盗品を売った代償として、夢見心地の気分にさせてくれる飴を手に入れていました。

そのショップには、勇利の使っているものには及ばないものの、超最新式のギアが置かれていました。それもサチオたちが、どこかから盗んできた品物でした。ショップでジョーと出会って以来、サチオはジョーたちの様子をうかがっています。そして自分も、メガロニアに出場する力になりたいと言い出すのでした。

しかし南部は、そんなサチオの言い分には耳を貸しません。そこでサチオはショップに忍び込んで、そこにあった最新式のギアを盗み出しました。しかし品物はジョーのところに届いたものの、サチオ自身はショップの経営者と用心棒に捕まってしまいました。

そんなサチオを助けるために、ジョーたちがショップに殴り込みました。そこでジョーは、かってはメガロボクスの世界でそれなりのランクにいた用心棒と戦うことになりました。彼は自分のギアに手を加えて、相手のギアを無効化する機能を搭載していました。サチオの持ってきてくれたギアを身につけたジョーでしたが、その力でギアを無力化されてしまいました。

そんな時、サチオがジョーにアドバイスしました。彼は、左右ギアの発するわずかな音の違いを聞き取ることが出来たのです。そのおかげでジョーは、ギアなしの状態ながら相手にカウンターを叩き込んでノックアウトさせたのでした!
こうしてジョーたちは、サチオという新たな仲間を加えました。しかし、せっかく手に入れたギアは用心棒との戦いで壊れてしまいました。ギアなしという状況で、ジョーたちはどう戦うのでしょうか!?

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/10543-1fdd6c6c