日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 刻刻 › 刻刻 #3
2018-01-23 (Tue) 21:28

刻刻 #3

樹里が、不思議な力を使えるようになるお話でした。

自宅で待ち伏せていた実愛会の男たちに襲われて、大ピンチです。このまま殺されてしまうのかと思いきや、不思議な力が樹里に生まれました。樹里たちが、この時の止まった世界で動けるのは、体の中に白い糸のような生物(?)が入っているからでした。それを強制的に、手が触れた人間から追い出すことができる力を、樹里は身につけたのです。

そのおかげで、樹里は危機を脱することができました。樹里に触れられた男は、時が止まりこの世界では動くことができなくなります。その力を使って、樹里は実愛会に奪われそうになっていた石を奪還することができました。しかし、人数が多い彼らに追われる状況は変わりません。その頃、お祖父さんは樹里を心配して自宅へと急ぎます。その途中で、2人は運良く顔を合わせることができました。

その頃、実愛会はおぞましい実験を行っていました。人間を食らう怪物をわざを呼び出して、その力を試していたのです。そのためには、仲間の命を犠牲にさえします。その実験の結果、呼び出された怪物のサイズが小さいことがわかりました。さらに怪物とはいえ、無尽蔵な力があるわけではなく、限られたエネルギーで活動していらしいこともわかりました。

怪物に喰われた男からは、白い糸のような生物が抜け出しました。それがどこへ行くのかと思えば、なんと止まった時の世界にいる真の体へと入りました。すると真も、この世界で動くことができるようになったのです。怪物に喰われて白い糸が抜け出すと、それは樹里たちの家族へと入りました。樹里たちの一族は、この世界で特別な存在なのでしょうか!?

実愛会をまいた樹里とお祖父さんでしたが、今度は実愛会に雇われて殺人を楽しむ男たちに見つかってしまいました。お祖父さんの瞬間移動能力で、なんとか彼らから逃げようとしますが、彼らの1人が時の止まった世界の住人になりすまして樹里を狙います。大ピンチを脱したと思ったら、またピンチですね。(^^;

最終更新日 : 2018-02-06

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
刻刻 BS11(1/21)#03
第参刻 実愛会の男に首を絞められる樹里。真を助けると思うと目が白くなり男から霊回忍、タマワニを強制排出する。それで男は動けなく止者となる。室内の3人を強制排出して石を取り返して逃走する。間島は彼女の行動が理解できた。樹里を3人の男が追いかける。潮見が駆けつけて事態を把握して佐河に報告に向かう。 佐河は神ノ離忍が小さくなっていたことを検証する。動かない止者を殺害させようと命... …
2018/01/24 00:18 ぬるーくまったりと 3rd