日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


前回、救助する側から救助される側になり内田は訓練に今まで以上に気合いが入っているみたいです。
そんなある日、上司の本郷から自宅にこないかと誘われました。

本郷さんの娘さん、いきなり内田に出したお茶が毒入りだと言うあたりが怖いです。見た目はお母さんに似たみたいですが、性格の悪さはしっかりお父さんに似てしまったようです。(^^;
自宅では仕事場と全く違う本郷の様子に内田は戸惑っているみたいですが、命がけの仕事をしならが家族を持つ厳しさに気づかされたみたいです。

一方、めぐみの方は苦労して出版した本が売れずに、ゴミとして扱われる悲しい現実に直面するのでした。内容がどんなに素晴らしくても、採算が取れないとダメ。商業出版ってたいへんなんですねえ。
全国の図書館に本を寄付するとかできないのかなあ。

今回事故に巻き込まれたのは、学生の登山グループです。メンバーの一人が斜面を滑り落ちて重傷を負ってしまいました。
携帯電話も圏外で連絡が取れないみたいですが、どうやって助けを求めるのでしょうか。

お話は終盤に入ってきているみたいですが、もしかして内田とめぐみが結婚というところまで描かれるのかなあと思いました。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/1031-ae801a96

立ち上る汗
{/hiyo_do/}男の子ってアツイよね。真冬なのに湯気が立ち上るくらい熱くなってた子、昔見たよ。フォークダンスの時とか、男の子の手ってどうしてこんなに暖かいんだろうと思ってた。『カペタ』 Lap.24 コンディション!「てか~。レースと遠足を一緒にするなってコ

2006.03.16 15:41 | マイ・シークレット・ガーデン

よみがえる空 -RESCUE WINGS- 第10話 「パーティー」
「そこに山があるからだ」 イギリスの登山家ジョージ・マロリー(1886~1924)の残した有名な言葉があります。登山家たちの信念を簡潔に表現した、今もしっかりと生き残っている言葉です。今回の話を観ながら、僕もこの言葉を思い出したりしました。 しかし、マ

2006.03.16 10:59 | 新米小僧の見習日記

よみがえる空・第10話
「パーティー」 深夜まで会社に残り、翻訳された作品のチェックをするめぐみ。季節は

2006.03.15 01:24 | たこの感想文

よみがえる空 第10話感想
 めぐみの話で、出版社(小企業)が舞台でした。 考えてしまうような内容でしたけど、非常に面白かったです。第10話「パーティー」2006年3月12日放送

2006.03.14 21:04 | 少年カルコグラフィー

よみがえる空 第10話「パーティー」
ヘリの着陸と食事の碗を置くカットを繋げたり、また会話の流れはそのままで場所を飛ばしたり、本の裁断カットでシーンを繋げたりと、演出に色々と工夫が見られて良い感じでした。 雪山で足を滑らして落ちるシーンもスリリング。良い仕事をしています。 しかし、内田のお

2006.03.14 17:07 | バラックあにめ日記