日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


今回は、ミートスパゲッティとチョコレートパフェのお話でした。

異世界の商人トマスは、庶民のものとされてきたパスタ料理を、上流層にまで広めてきました。そのパスタと共に売られているソースが絶品で、トマスは大きな富を手に入れていたのでした。そんなトマスの秘密を、ある日孫のシリウスは知ることになりました。

トマスは「洋食のねこや」の常連客でした。ここでトマスは、自らの商売の素を得ていたのです。またトマスは「洋食のねこや」を訪れる時には、異世界の食材を大量に持ち込んでいました。店主はその代金として、異世界からのお客から得た金貨などを使っていたのでした。

店主がそうして買い求めた食材は、店主自身が食べるために購入したものでした。異世界とこの世界では、食べ物の味わいは似ていますが微妙な違いもあります。店主は異世界の食材を食べることで、お店で提供する料理をより異世界のお客の口に合ったものにしていたのでした。

そしてトマスは、シリウスにミートスパゲッティをすすめました。それを一口食べたシリウスは、そのおいしさに驚くのでした。そのソースは、まだトマスのお店でも発売されていない試作段階のものを思わせるものでした。そしてシリウスは、このお店こそが祖父の商売の素なのだと気づきました。

今回こうしてトマスがシリウスを連れてきたのは、このお店のことをシリウスに教えるためでした。そして自分がいなくなった後も、シリウスがこのお店に来られるようにと心配りをしていたのです。こうして世代は変わっても、異世界との交流から生まれた味は受け継がれていくことになります。

いずれトマスが「洋食のねこや」に来られなくなる寂しさの予感と、それがシリウスによって受け継がれるであろうという希望。短い物語の中に、哀しみと人生の奥深さを感じさせる、とってもいいお話でした。(^^)

後半は、大貴族のお姫様のお話です。そのお姫様アーデルハイドは、幼い頃に両親の元を離れて祖父の元に預けられたことがありました。祖父の屋敷は広壮でしたが、アーデルハイドの遊び相手になるような子供もおらず、彼女は寂しい毎日を送っていました。しかし気丈にも、アーデルハイドは祖父の前では懸命に明るく振る舞います。

そんな祖父に連れられて、アーデルハイドは「洋食のねこや」を訪れたことがありました。その時、彼女はそこで"雲"を食べたのでした。

それから時は流れ、アーデルハイドの祖父はこの世を去りました。胸を病んだアーデルハイドは、療養のためにかっての祖父の屋敷に滞在することになりました。そんな彼女の前に、再び「洋食のねこや」の扉が現れました。その扉に見覚えがあったアーデルハイドは、扉をくぐりました。

そして幼い日の自分の記憶は、夢ではなかったことを知りました。そこでアーデルハイドは、かって食べた"雲"をもう一度注文しました。幼い彼女が食べた料理、それはふわふわのクリームののったチョコレートパフェでした。病のせいで食が細くなっていたアーデルハイドでしたが、チョコパフェのおいしさに感激して完食しました。

再び「洋食のねこや」へ行くことができたおかげで、彼女は以前よりもずっと元気になれそうです。
そうそう。彼女のお祖父さんは、一代で帝国を築き上げた大人物でした。アーデルハイドも普通の貴族のお姫様といったレベルではなく、帝国皇女という庶民から見たら"雲"の上の存在でした。

というわけで、今回もおいしそうな料理と、ちょっといい話を堪能しました。異世界へとつながる洋食屋の扉という設定から、こんなにも広くて深い物語が展開していくのが絶妙ですね。(^^)

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/10196-6af18d77

初めての来店は皆ツケでww
キーワード:オゾン層! 過ごしやすい時よ、さよ~なら~ 『異世界食堂』 第3話 menu 5 ミートソース まかない?のパスタのおいしさに感激するアレッタ。 しあわせそうですねぇ^^ そこへまたお客がやって来ましたよ。 トマスと孫のシリウスです。 トマスは跡取り...

2017.07.29 20:34 | マイ・シークレット・ガーデン vol.3

異世界食堂 第3話 「ミートソース/チョコレートパフェ」
第3話 「ミートソース/チョコレートパフェ」 祖父と孫、2編。 お祖父さんと孫を繋ぐねこやの料理。本日のメニューもほっこりです。

2017.07.24 17:59 | いま、お茶いれますね

異世界食堂 第3話 『ミートソース/チョコレートパフェ』
アルフェイド商会のアレフがシリウスを連れて 『洋食のねこ屋』へ。 早速、ミートソーススパゲッティーを注文。 ここで食べた味を自分の世界に 持って行って利益を得ていたのね。 お主も悪よのう。 そんな秘密をシリウスにばらすのは 彼を後継者にするつもりなのね。 amzn_assoc_ad_type ="re...

2017.07.24 04:55 | 奥深くの密林

異世界食堂 テレ東(7/17)#03
第3話 ミートソース/チョコレートパフェ アルフェイド商会は異世界で貴族に麺料理を知らしめ定着させた。麺料理に合うソースを次々に紹介して料理発明の天才と言われてきた。その店のトマスが孫のシリウスを連れて、ねこやの扉を開く。初めて訪れる異国の店に感心するシリウス。先ずは珈琲を頼む。トマスは月に1回異国の様々な食材を調達して届けていた。日本人の舌に合わせた料理なので、異国人の舌に合わせて 微調整...

2017.07.24 00:19 | ぬる~くまったりと