日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 異世界食堂 › 異世界食堂 #2
2017-07-17 (Mon) 00:03

異世界食堂 #2

今回はメンチカツとエビフライのお話でした。

トレジャー・ハンターのサラは、ウィリアムという先輩の残した日記を手がかりに、とある遺跡を探索していました。そこでサラは、異世界へと続く扉を見つけました。そこにあるのは、もちろん「洋食のねこや」です。そこでサラは、何もわからないまま食事をすることになりました。

とりあえず日替わり定食を頼んだサラでしたが、それはかってここにやって来たウィリアムが大好きなメニューでした。
食前に出されたレモン水やパン、スープのおいしさにサラは驚きます。そしてメインのメンチカツは、サラの想像を超えたおいしさだったのでした。おかわりまでしたサラは、お店を後にしようとします。

そんなサラに、店主が届け物をして欲しいとメンチカツサンドを渡しました。ウィリアムがここにやって来た時、彼はいつも決まってメンチカツサンドをお土産に持ち帰ったのです。しかし、それを手渡すべきウィリアムは、残念ながらもうこの世にはいません。しかし、晩年のウィリアムが何を探し求めていたのか、その答えをサラは得たのでした。

後半はとある騎士のお話です。辺境の砦の体調をしているハインリヒのもとへ、高名な剣士であるタツゴロウが訪ねてきました。ハインリヒには、彼との面識はありませんでしたが、一目でそれが本物のタツゴロウだとわかりました。

タツゴロウは、一本の剣を持ってやって来ました。それはかって、ハインリヒが所持していたものでした。
なぜそれが、タツゴロウの手にあるのか、その理由が語られます。かってハインリヒは、仲間と一緒に多数の魔物と戦っていました。しかし、敵の多さに彼らだけでは敵の侵攻を食い止めることができません。

そこで乗馬の得意なハインリヒが、援軍を求めて城へと向かったのでした。ところが、その途中で魔物の毒のために馬が倒れてしまいました。仕方なくハインリヒは、装備を身軽にして、自らの足で城を目指します。しかし、食料を用意してこなかったために、空腹のためにハインリヒは動けなくなってしまったのでした。

そんなハインリヒは、「洋食のねこや」と書かれた不思議な小屋を見つけました。扉を入ったハインリヒは、こんなところに料理屋があることに驚きました。さらにハインリヒは、辺鄙な場所にあるにも関わらず、冷たい氷があること、そして彼の故郷での好物だったエビがあることに驚きました。異世界では冷凍技術はないようなので、それはハインリヒには信じられないことでした。

目の前に出されたエビフライを食べたハインリヒは、そのおいしさに驚かされました。たらふくエビフライを食べたハインリヒでしたが、装備を少しでも軽くするために所持金すら手放していました。しかし、代金を払わずに店から立ち去ることは、彼のプライドが許しません。そこでハインリヒは、唯一身につけていた剣を後日の支払いの証としてお店に預けたのでした。

お腹がいっぱいになったハインリヒは、元気を回復して目的を果たすことができました。その功績を認められて、今では砦の体調を任されています。しかし、あの日以来、ハインリヒはあのお店に行くことができずにいました。彼は扉が現れるのが、週に一度だけとは知らなかったのです。

そんなハインリヒのために、タツゴロウが剣を届けてくれたのです。そしてタツゴロウは、お店に続く扉が週に一度だけ開かれることもハインリヒに教えたのでした。

というわけで、前回に続いて今回もおいしそうな料理の描写がよかったです。お話としては、毎回いろいろな人物が「洋食のねこや」を訪れるだけなのですが、それぞれの抱えるものは違えど、お店で料理を食べている時は幸せそうで、それを見ているとほんわかした気分になれます。(^^)

最終更新日 : 2017-07-24

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
異世界食堂 第2話「メンチカツ/エビフライ」
第2話「メンチカツ/エビフライ」 本日のメニューはメンチカツとエビフライ。 …
2017/07/17 18:36 いま、お茶いれますね
異世界食堂 第2話 『メンチカツ/エビフライ』
「今日はドヨウの日、廃坑に行く」 なんでやねん。 トレジャーハンターのサラは、祖父(ウイリアム・ゴールド)の 日記に遭った通りの行動をしたら、待ち受けていたのは ゴブリンたち。 しつこいのは嫌いです! キモイのも嫌いです! そう、人類の敵のゴッキーと素蚊に次ぐゴブリン。 こんな奴らは、とっとと始末してしまいましょう。 ゴブリン... …
2017/07/17 12:39 奥深くの密林
異世界食堂 テレ東(7/10)#02
第2話 メンチカツ/エビフライ 土曜の日は廃鉱へ。亡くなったトレジャーハンター、ウィリアム・ゴールドの日記の記述。その記述を元にサラ・ゴールドも廃鉱を巡る。そして隠し扉の中に扉を発見する、昨日は無かったのに。覚悟を決めて恐る恐る中へ。 そこは洋食屋ねこや。アレッタがレモン水をサービスして東大陸語のメニューを差し出す。料理の名称だけでは内容が判りにくい。一番安い日替わり定食を注文してみる。今日... …
2017/07/17 05:47 ぬる~くまったりと