日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

東と西の名人戦挑戦者が決定するお話でした。

西の名人戦予選は、同じ南雲会の新と村尾さんが対決することになりました。しかし大きな勝負を前に、新はお腹の調子が悪いだけでなく、精神的な不調が続いています。そして新は、序盤から村尾さんに大きな差をつけられてしまいました。

そんな新に勝って、どうしても周防名人と対戦した村尾さんですが、相手につけ込んで勝つことはしません。なんと試合中に、村尾さんは新を励ましてくれたのです。

そんな中、試合の途中にも関わらず、新はトイレに行きたくなってしまいました。選手が不在でも、試合は決められた通りに進められます。新がいない間に、村尾さんとの差はさらに広がっています。その上、すでに読まれた空札が何なのかも新は知りません。周囲も、それを教えることは禁止されています。

しかし新は、それでも勝負を諦めていません。必死に試合に勝つイメージを探しながら、村尾さんに対抗します。
意外なことに、村尾さんが序盤に大幅に勝ち越していたことで、普段なら新に送ることのない札を送ることになり、それが村尾さんを苦しい状況に置くことになりました。

そして新は、ジリジリと村尾さんとの差を詰めます。今までに見せたことのない攻めカルタで、新は村尾さんを下して西日本の代表となりました。一方、東日本では千早たちの師匠・原田先生が挑戦者に決定していました!

もしかしたら、次回で原田先生と須藤と戦いが描かれるのかもしれませんが、どんな形で原田先生が須藤に勝ったのか、それを見たいですね。

その頃、千早は修学旅行に集中していました。そんな修学旅行に、途中から太一が参加しました!
太一の姿を見つけた千早は、混乱します。そして太一から、東日本の代表が原田先生に決まったことを教えられました。そして、西日本の代表が新だということも・・・。

今回は、新と村尾さんの関係がよかったです。努力を積み重ねて、圧倒的な才能を持つ周防名人と戦いたい村尾さん。
その願いは、同じ南雲会の新に阻止されました。周防名人が今期での引退を表明しているので、村尾さんは是が非でも名人と戦いたかったでしょうが、勝負の世界は本当に厳しいですね。

そしてもう1つよかったのが、遅れて修学旅行に合流した太一を、机君が静かにねぎらう場面でした。
誰しも勝ちたいと思いながら戦いますが、どんな勝負にも必ず敗れる者がいます。しかし戦いに敗れたからこそ、得られるものもあります。今回の机君を見ていて、それを強く感じました。