日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

整合騎士シェータと拳闘士軍の戦い。そしてついに、アスナ登場です!!!

アリスが自ら名乗りを上げたことで、闇の軍勢の目的はアリスを捕まえることに変更されました。そしてアリスたち遊撃隊と、拳闘士軍の戦いが始まろうとしていました。拳闘士軍を迎え撃つのは、これまで存在感のなかったシェータです。

シェータは整合騎士の中でも、かなり変わった存在でした。そんな彼女のために、アドミニストレータは黒百合の剣を与えました。その剣はまるで針のような細さですが、シェータが使うと恐ろしい武器になります。

拳闘士軍の首領は、自分たちの前に立ちはだかったシェータを見て拍子抜けします。しかしシェータの放った一撃を見て、彼女に対する意識が変わりました。そして自らが、シェータと戦います。剣と拳の戦いは、互いに一歩も引かない壮絶な戦いになりました。

戦いの中で、拳闘士軍の首領はシェータが自分たちと同じ、戦いそのものを楽しむタイプだと気がつきました。2人の戦いがどうなるかと思いきや、飛竜でシェータが撤退して勝負は引き分けに終わりました。

一方、闇の軍勢のヴァサゴが、ついに戦場に現れました。彼が狙うのは、人界軍の補給部隊です。次々と兵士たちを殺したヴァサゴの前に、ロニエが現れました。ロニエもヴァサゴの手にかかるのかと思いきや、キリトに鍛えられた彼女は、背後から近づくヴァサゴの気配に気づいていました。

しかしロニエには、ヴァサゴを倒せるだけの力はありません。そして補給部隊の兵士たちの前に、ヴァサゴに率いられた騎士たちが現れました。異変に気づいたベルクーリは、アリスたちを救援に向かわせます。しかしそれは、ベルクーリが1人で正面の軍勢の相手をすることになります。

そんな苦しい状況の中、突然光り輝く女神が現れました。アスナが創世神ステイシアとなってこの世界に現れたのです!
ステイシアの力によって、ヴァサゴと彼に率いられた部隊、そしてベルクーリの前に立ちはだかった部隊は、地割れの中へ落とされました。

というわけで、ようやくアスナ登場ですね!(^^)