日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

伊東道風さんの「万年筆バイブル」を読み終えました。

この本では、初めての万年筆の選び方、正しい使い方、その構造、インク、世界の万年筆メーカーなどについて、コンパクトにまとめられています。またパイロットの万年筆の製造現場を取材した、カラー写真付きのページもあって、どんな風に万年筆が作られるのかを知ることもできます。

個人的にはデジタル大好きなので、最近では手書きで文字を書くことは少なくなっていました。この本を手に取ったのは、久しぶりに手書きで文章を書こうとしたら、あまりにも漢字を忘れていることに愕然としたからです。(^^;

字を書くだけなら、鉛筆でもボールペンでもいいですが、それだとモチベーションが上がりません。そこで万年筆を使ったら、少し特別な感じで文章を書けるのではないかと思いました。

しかし、ちょっと調べただけでも万年筆は安い物から高い物まで、ものすごく種類があります。また、最近いろいろなインクが販売されていて、それを試してみたいという気持ちもありました。でも、どれを買ったらいいのかわからず迷っていました。そんな時にこの本の内容は、とてもわかりやすくて参考になりました。