日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

東と西で、それぞれ戦う太一と新。そして原田先生の踏ん張り!

周防名人に言われたことが心に引っかかって、新はいつもより荒いかるたをとっていました。それでも、気がつけば3回戦まで勝ち抜いていました。

一方、太一はK大かるた会の小石川秀作とあたって苦戦していました。小石川は攻守に優れた選手で、太一は大きくリードされてしまいます。しかし小石川は強いけれど、ポカも多いという欠点がありました。それに助けられ、自分の本分が守りかるたにあることを思い出した太一は、ついに小石川と並びます。

その頃、修学旅行中の千早は、試合の結果が気になって上の空です。そんな千早を、クラスメートのみちるが叱りました。せっかく千早のために旅行のプランを考えたのに、千早の心がここにないからです。それに気づいた千早は、みちるに謝り、修学旅行に集中しました。先生になりたい千早自身が望んだからこそ、千早は今ここにいるのですから。

とはいえ、千早は競技カルタで強くなることを目指してきたので、百人一首で読まれている歌のバックグラウンドには詳しくありません。しかしそれも、途中で奏と合流できたことで解消されました。そんな奏は、村上天皇が主催した天徳内裏歌合の展示を見て感激して涙していました。奏の解説を聞いて、千早はこの歌合も競技カルタとは違う形の戦いだったことに気づくのでした。

そして太一と小石川の対決は、運命戦に突入していました。そこで読まれた札は、小石川の陣にあるものでした。それを小石川が着実に抑えて、太一は勝負に敗れたのでした。太一を心配した菫は、彼に声をかけようとしますが、それは筑波に止められました。敗れた悔しさは、1人でかみしめるしかないのです。

一方、新は準決勝を勝ち抜いて決勝に進みました。しかし決勝での対戦相手は、同じ南雲会の先輩・村尾さんになりました。同門同士の戦いですが、新は勝ち抜くことができるのでしょうか!?

そして東の準決勝では、原田先生が小石川と対戦していました。原田先生は、左膝の痛みに耐えながらの戦いです。しかし、気合いは全く衰えていません。その様子を観戦した太一は、いつも原田先生が言っていたことを思い出しました。長い間カルタを続けていると、読まれない札がわかるようになると先生は言います。

そして、そんな先生の言葉を証明するように、運命戦に突入した原田先生と小石川の対戦では、先生の陣の札が読まれたのです。こうして原田先生は、決勝へと進みました。しかし決勝の対戦相手は、北央の須藤です。太一との因縁も深い須藤を相手に、原田先生は勝利することができるのでしょうか!?

というわけで、このところ急成長の太一でしたが、名人戦予選の壁は想像以上に厚いものでした。しかし東では原田先生が決勝に進出して、西では新が戦いに挑みます。どちらの試合の行方も気になります!