日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


千早VS太一の決勝戦の決着。そして修学旅行のお話でした。

緊迫した戦いを続けていた千早と太一。しかし、その戦いも終わりを迎えようとしていました。ほとんど同時に見えた札の取り合いは、千早の勝利でした。こうして吉野会大会のA級優勝者は、千早に決まりました。戦いを終えた千早は、さっそく寝落ちしてましたが。(^^;

同じ白波会の2人の高校生の健闘に、集まった人たちは驚きと脅威を感じていました。そう感じさせるだけの力が、千早と太一にはあったのです。もう誰も、2人の実力を疑う者はいません。

対戦を終えた太一は、1人で負けた悔しさをかみしめていました。そんな太一を菫は見守りますが、かけられる言葉はありません。そして菫は、あのレベルでの戦いができるようにならなければ、太一と向き合うことさえできないのだと思い知るのでした。

試合が終わったところに、千早のお母さんが駆けつけました。お母さんは、状況がよくわかってないみたいです。
そんな千早に、宮内先生がクイーン戦の予選に参加するなら、修学旅行の欠席は公式に認められるのだと教えました。ところが、千早はなんとしても修学旅行に行きたかったのです!

宮内先生や桜沢先生のような、学校の先生になりたいという千早の気持ちは本物でした。かるたは千早にとって大切なものですが、教師になりたい千早には高校の修学旅行を体験しないという選択肢はなかったのです。そして千早は、修学旅行に行きたいと、お母さんに泣きながら抱きつくのでした。この場面の千早、ちょっと可愛かったかも。(^^;

そして新は、千早と対戦できなかったことを悔いていました。落ち込む太一に声をかけた新は、ようやく自分が千早を好きなんだと気づきました。それまで新は、ずっと千早は太一のことが好きだと思い込んでいたのです。
こうして新は福井に帰りました。しかし吉野会大会の後、新は今までのようにかるたを取れなくなっていました。村尾からは、勝ちをイメージできてないと厳しい言葉をもらいます。

練習を終えて帰宅した新を、幼なじみの由宇が待っていました。名人戦予選に挑む新に、差し入れを持ってきてくれたのです。何かと世話を焼いてくれる由宇の気持ちに、いつになったら新は気づくのでしょうか。(^^;

一方、千早たちは修学旅行に出発しました。楽しくてたまらない千早ですが、途中で太一の姿がないことに気づきました。太一は熱を出して欠席したと、机君が教えてくれました。それを知った千早は、太一に連絡します。そして千早は、太一が修学旅行を欠席して、名人戦予選にエントリーしていることを知りました。

医学部の受験を目指す太一には、千早と違って来年はないと机君は教えてくれました。しかし千早は、そんな太一の行動が納得できません。

千早がモヤモヤする中、現クイーンの若宮詩暢のところに、周防名人がやって来ました。周防名人は、どんな意図があって詩暢を誘いに来たのでしょうか。

というわけで、千早と太一の対決と、それが引き起こしたことが描かれたお話でした。
今回の一番の驚きは、太一の名人戦予選への参加でした。これまでなら、学校の行事をすっぽかしても、かるたの大会に出るのは千早がやりそうなことでしたが^^;、ここにきてそれがひっくり返ったのが面白かったです。
ようやく鹿矛囲の正体が見えてくるお話でした。

鹿矛囲が引き起こしたドローンによる殺人は、潜在犯によるゲームのように人を狩る事件を頻発させていました。公安はその対応に追われることになります。

そんな中、朱は冷静にこれまでの鹿矛囲の行動を分析していました。最初に誰でもドミネーターを手にできるのか試した鹿矛囲は、ドミネーターで監視官を殺害できることを確認。そして複数のドミネーターを手に入れるために、今回の事件を起こしました。そして鹿矛囲の手には、8丁のドミネーターがあります。それを使って、彼は何をしようとしているのでしょうか!?

捜査を進める朱は局長と会い、なぜシビュラが鹿矛囲の存在を認めないのか問い詰めます。かって免罪体質者の槙島を取り込もうとしたように、シビュラが鹿矛囲を取り込もうとしないことに疑問を持ったのです。その答えは局長から得られませんでしたが、シビュラは鹿矛囲を取り込むのではなく、あくまでも抹消しようとしていることを朱は知りました。

一方、東金に不審を持った霜月は、彼の経歴を見て驚きました。これまで彼の担当となった監視官は、いずれも潜在犯となり、ドミネーターの執行対象となっていたのです!

さらに鹿矛囲の調査が進展して、驚くべき事実が判明しました。15年前に起きた航空機事故の唯一の生き残りが、鹿矛囲だったのです。そして鹿矛囲が作り上げた精巧なホロは、その犠牲者たちのものでした。

すぐに朱たちは、鹿矛囲のより詳しい情報を得ようとしますが、公安の権限でもなぜか鹿矛囲の詳細な情報にアクセスすることができません。しかし鹿矛囲の治療を担当した医者が判明したため、朱はその男から詳しい事情を聞き出そうとします。

しかし、その医者も鹿矛囲とつながっていました。彼は自らの意志で、鹿矛囲に協力していたのです。そして、いずれ自分が公安に確保されることまで予測していました。

一方、雛河の言葉からヒントを得た霜月は、薬剤特許を調べるうちに東金財団の名前を見つけました。どうやら執行官の東金朔夜は、この事件と深い関わりがありそうです。彼らの目的は、一体なんなのでしょうか!?
本邦新訳という言葉に惹かれて、アレクサンドル・デュマの「千霊一霊物語」を読み終えました。

物語の語り手であるデュマは、1831年9月1日にフォントネ=オ=ローズ市を訪れていました。そこでデュマは、とある事件に出会います。石切夫のジャックマンが、自分の女房を殺して捕まえてもらいに来たと、市長のところにやって来たのです。

彼が自首してきたのは、首を落として斬り殺したはずの女房が、「この人殺し!」と叫んだというのです。市長と警視、医師、そしてデュマも現場検証に立ち会うことになりました。そして確かに、ジャックマンの女房が首を切り落とされて死んでいるのを発見したのでした。

本当に殺された女房が叫んだのか、その真相はわからぬままデュマは、その晩は市長のルドリュの屋敷に滞在することになりました。そこに滞在していた他の客たちと事件のことを話し合ううちに、いつしかそれぞれが体験した不思議な物語について語り合うことになります。

そうしてルドリュ、ロベール医師、ルノワール士爵、ムール神父、謎の人物アリエット、グレゴリスカ夫人と、次々に不思議な物語が語られます。推理小説ではないので、それぞれの物語の不思議な出来事が解き明かされることはありませんが、著者の語り口の上手さもあって、物語の1つ1つが興味深くて面白かったです。

というわけで、久しぶりにデュマの作品を読みましたが、昔と同じように読み始めたら止められない面白さでした。(^^)