日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


自殺法の公開討論会が開催されるお話でした。

曲世愛の捜索をしていた筒井刑事が自殺しました。しかし、それに曲世愛が関わった証拠はありません。
そして域議選挙が近づきますが、やはり齋を逮捕できる証拠は見つかりません。

そんな中、正崎は捜査本部の解散を宣言しました。残された日数で、齋を起訴できる証拠は集められないと判断したからです。その決定に、これまで捜査を続けてきた刑事たちは不満の声が上がります。

しかし正崎は、このまま引き下がるつもりはありませんでした。なんと公開討論会に現れた齋を、その場で拉致しようと考えていたのです。それはもちろん、不法行為です。しかし今の正崎たちには、これ以外の方法はないのです。そんな正崎に、集まった刑事たちも賛同しました。

正崎は陽麻は、この件とは関わらせないつもりでした。しかし陽麻の方から、進んで正崎への協力を申し出たのです。
こうして正崎たちは、会場の警備を口実に齋を拉致する体制を作り上げました。

そしてついに、公開討論会が始まりました。討論会に野丸は、絶対の自信を持っていました。そして自殺法に賛成する齋と、反対する野丸を含む4人との討論会が始まりました。

4人の反対者は、経済的な観点から、道徳的な観点から、法律的な観点から、そして野丸は感情的な観点から、自殺法が受け入れられないことを訴えました。しかし齋は、それに動じることなく反論していきます。

互いに譲らない展開の中、野丸はある人物を会場に招いていました。それは動画投稿サイトに、父が自殺しようとしていることを訴えた少年でした。野丸は少年を利用して、人々の感情に訴えかけます。さらに野丸は、域議選挙に少年を候補者として出馬させると宣言しました。そのためには、自分は少年の補佐役にまわってもいいと言うのです。

野丸の目論見は、完全に成功したように見えました。ところが、思わぬ結末が待っていました。少年の自殺しようとしている父親とは、なんと齋だったのです!

というわけで、とんでもない展開になってきました。野丸さえも出し抜いた齋を、正崎たちは拉致することができるのでしょうか!?