日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


今期は感想を書いているアニメ作品が多いので、感想を書くものと視聴のみ継続している作品を整理しておきます。(^^;

<個別の感想あり>
・ちはやふる3
・本好きの下剋上
・バビロン
・放課後さいころ倶楽部
・ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld
・慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~
・PSYCHO-PASS サイコパス 2

<視聴継続中の作品>
・Dr.STONE
・BEASTARS
・GRANBLUE FANTASY The Animation Season 2
・歌舞伎町シャーロック

以上、自分の覚えとしてのまとめでした。
翠がゲームデザイナーとして、初めての壁に出会うお話でした。

翠はゲームデザイナーになるために、自分で考えたゲーム作りを始めていました。美姫や綾はそれでさっそく遊んでみたいと言いますが、翠はきちんと完成するまでダメとテストプレーさせてくれません。

その頃、さいころ倶楽部の店長は、昔なじみと再会していました。その人ジョージ・ベレスフォードは、有名なゲームデザイナーでした。2人は昔からの腐れ縁らしいですが^^;、いがみ合いながらも互いを認め合っているようです。

ジョージは、店長が日本でボードゲームのお店を開いていることが不満なようです。TVゲームが普及した今、日本でボードゲームをしようとする人間が少なすぎるからでした。

そんな中、翠が店長に自分の作ったゲームを見て欲しいとお願いしました。翠がそれを1人だけで作り、誰の意見も聞いてないと知って、店長は翠に何かをいいかけます。そこへ、ジョージが顔を出しました。

ジョージの名前を聞いて、翠は驚きました。ゲームデザイナーの卵として、翠はジョージのことを知っていたのです。
ジョージは翠のゲームに気づきました。しかし、そのゲームがまだ誰にもプレーされてないことを知ると、ジョージはこのゲームは絶対に完成しないと断言したのです。

ゲームはゲーム作家の作品と信じる翠は、これに反発しました。そして徹夜して、未完成だったゲームを完成させました。
そして翠は、美姫と綾を呼び出して、自分のゲームをプレーして欲しいと頼みました。美姫と綾は、喜んでテストプレーに参加してくれました。

翠の作ったゲームは、家具を集めるゲームでした。家具を買うには、バイトをしてお金を稼がなければなりません。稼ぐ金額は、テーブルに出された4枚のトランプの数字で決まります。しかし、一番大きなカードを選んだ人は、その次にあるお買い物フェーズで家具を買うことができません。家具にはさまざまな種類が用意されていて、組み合わせによってボーナスポイントが手に入ります。

最初は楽しそうにゲームをしていた美姫と綾でしたが、途中から微妙な雰囲気になりました。ゲームを終えた後、翠は2人に感想を聞きました。2人は言いにくそうに感想を伝えます。翠の作ったゲームは、ゲームとして少し単調すぎたのです。ハプニングや集めたカードの交換など、ゲームを盛り上げる要素が不足していたのです。

それに気づいた翠は、自分1人の力を思い知りました。そしてようやく、ジョージが教えようとしたことを理解したのです。商品として売られているゲームは、何度もテストプレーを繰り返して改良を重ねたものだと翠は気づいたのでした。

というわけで、今回は翠のオリジナル・ゲームの登場でした。美姫や綾の意見を取り入れて、このゲームがどんな風に育ってゆくのか楽しみですね。そして少し前から登場している、外国人の女の子がどこで美姫たちと関わることになるのかも楽しみです。
トゥーリの洗礼式と、マインが木簡で本を作ろうとするお話でした。

冬の間に準備をしてきた、トゥーリの洗礼式が行われる日が来ました。トゥーリは希望通り、お針子見習いとして仕事を覚えることになります。週の半分は、マインとは別に見習いとして働くのです。それがマインには、少し寂しそうです。

マインが編んだ髪やアクセサリーは、周囲の人たちの注目を集めました。しかし、それ以上に輝いていたのは、笑顔のトゥーリでした。そんなトゥーリは、マインにとっても「わたしの天使」と呼びたくなる存在なのでした。

お父さんは、そんなトゥーリの様子をずっと見守っていたようでしたが、残念ながらお仕事です。(^^;
そしてマインは、渋るお父さんと一緒に門での仕事に向かいます。マインの読み書きは、かなり上達していました。今では、ちょっとした文書ならオットーの助けなしに読めるようになっていました。

お父さんとの仕事を終えたマインは、トゥーリのために腕によりをかけた料理を用意していました。具材をハートや星形に刻んだスープを、トゥーリは喜んで食べてくれました。そしてマインは、お父さんからナイフをもらいました。これからはトゥーリの分もマインが働いて、家事を手伝う必要があるからです。

でも、体力のないマインには、重いナイフで木の枝を切り落とすのはたいへんそうです。しかしマインは、ナイフのもう1つの使い方を思いつきました。古代中国で使われていたような木簡を作れば、本を作ることが出来るかもしれないと考えたのです。

そんなマインに、ルッツが協力してくれました。ルッツはマインに、旅商人のことをオットーから聞けるように取り計らって欲しかったのです。マインがそれをオットーに伝えると、オットーは休日に時間をとってくれると約束してくれました。

木簡に字を書くには、インクが必要です。しかし、この世界ではインクは高級品らしく、オットーさんも譲ってくれません。しかし諦めないマインは、煤を使ってインクを作ることを思いつきました。ルッツと一緒に、それを水に溶かしてみましたが、にじんでしまって使い物になりません。

あれこれ悩んだ末、今度は粘土に煤を混ぜることをマインは思いつきました。そしてマインとルッツは、コンテのようなものを作り上げました。帰宅したマインは、さっそくそれを試そうと思います。ところが、用意しておいた木簡がなくなっています。

なんとお母さんが、木簡を焚きつけとして使ってしまったのです。せっかく作った木簡を失ったことで、マインは再び森の中で起きたような不思議な熱が体からこみ上げてきました。そしてそのまま、マインは5日間も寝込んでしまったのです。

病気のマインを、ルッツがお見舞いに来てくれました。すっかり落ち込むマインを、ルッツは励ましてくれました。そして今度は、焚きつけにされないような材料で木簡を作ろうと言ってくれました。ルッツのおかげで、ようやくマインは元気が出るのでした。

そしてマインが病気だったせいで延期されていた、オットーとルッツの会合が決まりました。マインの友達のルッツに、オットーはとても興味を持っているようです。オットーは旅商人のたいへんさをマインに話していましたが、それでもルッツは旅商人を目指すのでしょうか。次回も楽しみです!(^^)

ということで、今回はトゥーリの可愛さが光るお話でした!(^^;
この世界では、木材は貴重な燃料なので、本作りの材料には向いてないのかもしれませんね。粘土板も木簡もダメとなると、次はどんな方法で本を作るんでしょうね。
そしてもう1つ気になるのは、たびたび起きるマインの発熱です。これはマインが転生前の記憶を持っていることと、何か関係があるのでしょうか。