日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


準々決勝、決着です!

千早と元クイーンの猪熊さん、太一は因縁のある須藤、新は白波会の坪口さん、原田先生は新の先輩・村尾さんと、互いに一歩も譲らない対戦が続いています。

緊迫した対戦が続く中、猪熊さんの息子が会場に入ってきてしまいました。幼いので、かるたが何なのかよくわかってないようですが、千早を真似して札をとる素振りをしています。それを見た猪熊さんは、かるたの楽しさを息子に伝えたいと思いました。

そして猪熊さんのかるたが、ますます研ぎ澄まされていきます。しかし千早は、それに負けていませんでした。今の千早には、点を狙わなければ勝負にならない若宮詩暢という大きな目標があるからです。それが千早を、元クイーンとの対戦でも落ち着かせていたのです。

やがて勝負に決着がつきはじめます。白波会の坪口さんは、新に勝利しました。しかし原田先生は、南雲会の村尾さんに敗れてしまいました。この後の原田先生の、まだ自分は強くなれるという気持ちが凄かったです。年齢や体力の衰えなど、弱音をはける材料はいくつもあるのに、自分を甘やかすことなく常に上を目指し続ける。その姿勢が素晴らしいですね。

そして千早は、元クイーンの猪熊さんを下して、勝利を勝ち取りました。挨拶を終えた後に、即寝落ちしてたのが笑えましたが、それくらい力を出し切ったということですね。(^^;

千早に敗れた後、猪熊さんは桜沢先生に連絡先を教えて欲しいと頼みました。育児でたいへんな時期ですが、それでも猪熊さんは上を目指す努力を続けたかったのです。それを聞いた桜沢先生は、自分にはその強さがなかったことを思い知るのでした。

そして太一と須藤の戦いは、互いに1枚ずつの札を残した運命戦になっていました。そこで太一は、迷わず須藤の陣の札を狙いました。自陣の札が読まれる幸運を太一は信じず、積極的に攻めに出たのが正解でした。こうして太一もまた、準決勝へと進みました。

次は千早と坪口さん、太一と村尾さんの戦いが行われることになりました。ところが、坪口さんはこの戦いを辞退して、千早の不戦勝が決まりました。これは名人戦では、千早が坪口さんの相手になることはないからでした。もし対戦相手が太一だったらと聞かれた坪口さんは、新と同じように全力で潰しにいったかもしれないと答えました。

そして太一と村尾さんの対戦が行われました。ここで太一は、ついに自分のかるたを見いだしました。太一の持ち味は、攻めかるたではなく、守りかるたにあったのです!

こうして決勝では、千早と太一が戦うことになりました。それぞれに成長した千早と太一、勝つのはどっちなのか楽しみです!(^^)