日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


白熱した準々決勝が繰り広げられるお話でした。

ベスト8には、千早たち白波会から4人が残っていました。しかし千早は、元クイーンの猪熊さん、太一は北央の須藤と、それぞれに強敵との戦いです。そして原田先生は、ここぞとばかりに白波会の結束力をアピールしています。

意外にも、千早は元クイーンの猪熊さんのことを知りませんでした。でも、いい感じに力が抜けていて調子が良さそうです。そしていよいよ、対戦が始まりました。

千早と猪熊さんとの戦いでは、元クイーンの猪熊さんが優位かと思いきや、なんと先制したのは千早でした!
しかし元クイーンも負けてはいません。今の千早は札を読む時の音の高低差を聞き取ることが課題ですが、猪熊さんはそれを越えた経験を武器に逆に千早を圧倒してきます。

さらに猪熊さんは、独特な手札の配置をしていました。自陣の札の位置を、基本的に動かしていないのです。普通は札を外へ外へと並べてゆくものらしいですが、猪熊さんは自陣の札の配置に絶対の自信を持っているようです。

一方、太一は須藤を相手に、やはり苦戦していました。しかし今の太一は、大事なところで肩の力を抜くことを覚えています。そんな成長した太一を、須藤も引き離せずにいました。

白波会の原田先生と坪口さんも、苦しい戦いを強いられていました。特に新と対戦することになった坪口さんは、若手の台頭に脅威を感じました。しかし坪口さんは、高校のかるた部の顧問を務める中で、初心に返って自らのかるたを見直していました。

白熱した戦いが続く中、B級の試合が終了しました。そこで勝利を勝ち取ったのは、ヒョロ君でした。勝ったことを喜ぶヒョロ君をみて、須藤は肩の力が抜けたようです。しかし、それは須藤にだけ有利に働いたのではありません。太一もヒョロ君への対抗心から、それまで以上に勝負に気合いが入りました。

お互いに一歩も譲らない戦いを制して、準決勝に進むのは誰なのでしょうか!? 続きが気になります!(^^)