日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


勇者・聖哉と魔王軍四天王の1人ケオス・マキナとの戦いが描かれました。

レベルの低い敵しか現れない村に行ったはずなのに、そこには四天王の1人・ケオス・マキナが待ち構えていました。
それでも踏みとどまって聖哉が戦うはずもなく、神界へと逃げ延びました。そして聖哉は、ケオス・マキナと戦うために、筋トレを始めました。

そんな聖哉を、リスタは歯がゆい思いで待っています。ところが、その間に村に侵攻したケオス・マキナは、勇者が現れなければ10分おきに村人を殺していくと宣言しました。リスタがたまりかねて聖哉のところに駆けつけると、短時間の間に聖哉の準備は完了していました。

そして聖哉とリスタは、再び異世界へと向かいます。そこでは、ケオス・マキナが2人を待ち構えていました。そしてケオス・マキナは、2人に真の力をみせつけました。これまで表示されていたケオス・マキナのステータスは、仮のものだったのです!

3段階の変身をしたケオス・マキナは、その力で聖哉を粉砕しようとします。ところが、その攻撃を聖哉はあっさりと受け止めてみせました。これまでリスタが見ていたのは、真の聖哉のステータスではなく、リスタすらも欺いたフェイクのステータスだったのです!

本当の聖哉の力は、すでにケオス・マキナを軽く凌駕していたのです。その力で、聖哉はケオス・マキナを倒しました。
めでたし、めでたしと思いきや、令によって聖哉は慎重すぎる性格を発揮して、粉々になったケオス・マキナにさらなる攻撃を続けます。そのせいで、せっかく助かった村はすっかり廃墟になってしまったのでした。(^^;

勇者だけじゃなく、ケオス・マキナも意外と慎重だったり、仲間のリスタさえ欺く聖哉の慎重ぶりが笑えました。
その一方で、聖哉が村で自分に栞をくれた女の子にみせた優しさ(?)も、ちょっといい感じでしたね。