日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


明青が、三光学園と対戦するお話でした。

西村のいる勢南は、順調に勝ち進んでいます。明青が甲子園出場を果たすには、東秀、勢南という強豪を倒さなければなりません。でもその前に、2回戦です。

2回戦の相手は、三光学院です。ここも長年、強豪校の1つとして知られてきました。投馬は、試合前に調子がよさそうと言っていましたが、試合が始まってみるといつも以上に球が荒れています。

フォアボールやデッドボールでランナーは出すものの、それでも三光学院に得点を許しません。そんな投馬の見て、三光学院の監督は何かを思い出しかけています。

何かと思えば、それは「タッチ」の時代に達也にノーヒットノーランを許したことでした。そして、投馬の姿と達也の姿が重なった時、投馬もノーヒットノーランで三光学院に勝利していたのでした。

三光学院って、大昔にも対戦したことがあったんですね。・・・って、そんな昔のこと、さすがに覚えてないです。(^^;
2019.08.07 20:39 | MIX | トラックバック(0) | コメント(0) | .