日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


キャロル&チューズデイとアンジェラの対決です!

強制的に家に連れ帰られたチューズデイ。マーズ・ブライテストの決勝まで1週間しかないのに、チューズデイのお母さんは彼女を部屋に閉じ込めてしまいました。チューズデイのお母さんは、娘のことより自分の仕事のことしか考えていません。今回のチューズデイのマーズ・ブライテストへの出場も、お母さんは迷惑だとしか思っていないのでした。

しかしお兄さんのスペンサーは、彼女の歌の才能を認めていました。学業優秀なスペンサーも、かってはミュージシャンに憧れたことがあったのです。そんなお兄さんの協力もあって、チューズデイは彼女を連れ戻しにきたキャロルと一緒に家から逃げ出すことに成功しました!

そして2人は、なんとかマーズ・ブライテストの会場へとたどり着きました。しかし、その時にはすでに決勝戦が始まっていました。先にステージに立ったアンジェラは、これまでの中で一番の歌を披露していました。そこにキャロル&チューズデイが到着しました。

大会の規約では、対決が始まる前に出演者は会場にいなければなりません。その事実を、審査員のカトリーヌは伝えました。しかし優勝とは無関係に、今の2人はこの場所で歌うことができるだけで満足でした。そして2人は、勝利はないと承知の上で歌い始めました。

歌うのは、2人が最初に作った曲「The Loneliest Girl」です。その歌声には、今の彼女たちの気持ちがこもっていました。そしていつしか会場は、2人の歌声に魅了されていました。そして規則は守られるべきですが、例外を認めないほどのものではないというカトリーヌのはからいで、今回のマーズ・ブライテストではアンジェラとキャロル&チューズデイの2組のデビューが約束されたのでした!!!

アバンで言ってた奇跡って、このこと!?と思ったら、この作品このあとも続くんですね。(^^;
火星の歴史に残ることになる、奇跡の7分がどんなものなのか。とても気になります。
紅葉と潑春が、透たちの学校に入学してきました。それで学校は、これまで以上ににぎやかになりました。

楽しい雰囲気の中、なぜか学校に慊人が現れました。そして透は、初めて慊人と対面しました。その時、慊人は由希が年始の行事を欠席したことを不満に思っていること。そして由希が言うことを聞かないなら、昔やったように彼を精神的に追い詰めるつもりだと仄めかしていました。

そんな慊人の不気味な気配を、透は敏感に悟りました。そして無意識に、由希を慊人からかばったのでした。

前半は紅葉が女子の制服を着ていること、風紀委員の登場など、かなり笑えるお話なので、後半の慊人が登場した時の不気味さとのギャップが大きかったですね。
赤井のお兄さんは、健丈高校の野球部員でした。でも、性格はかなり悪いみたいです。(^^;

学校を休んだ赤井を心配して、お花を持ってお見舞いに来た亜里沙を、冷たい態度で追い返しました。それを偶然、投馬たちが目撃してしまいました。

そんな赤井兄の所属する健丈高校は、1年生が入って野球部が突然強くなりました。打撃力のある選手がそろっているようで、練習試合の相手からもホームランを連発していました。西村のいる勢南高校と共に、明青との対決が楽しみですね。

後半では、走一郎と音美の亡くなったお父さんの過去が明らかになりました。タッチで描かれた時代の後、低迷していた野球部が一度だけ盛り返した時期がありました。その時のエースが、走一郎たちのお父さんだったのです。お父さんは、有望な選手でしたが、試合中のクロスプレーでケガしたことが原因で野球をすることができなくなってしまいました。

それでもチームのマネージャーとしてがんばりチームを励ましましたが、残念ながら彼の力なしでは、明青はよい結果を出すことができませんでした。投馬のお父さんが持っていた背番号1のユニフォームは、その時に走一郎たちのお父さんから譲られたものでした。
2019.07.12 21:40 | MIX | トラックバック(0) | コメント(0) | .
チューズデイが火傷して、ギターが弾けなくなってしまうお話でした。

自分たちの出番の直前、自分宛のメッセージが書かれた箱を開けたチューズデイは、そこから吹き出した煙で右手を火傷してしまいました。応急処置はしましたが、ギターのピックを持つことはできません。

この窮地を2人は、以前に考えた歌で乗り切りました。それはキャロルのピアノだけを伴奏にした曲でした。
その曲はどこかちぐはぐな、今のキャロルとチューズデイの心情にぴったりと合っていました。そこが評価されて、2人はアンジェラとの決勝に進むことが出来ました。

その間もガスとロディは、チューズデイにケガをさせた犯人を捜しています。ガスはアンジェラの差し金だと決めつけますが、それは全くの見当違いでした。そんな中、アンジェラは自分のマネージャーのケイティが犯人だと思い込みました。

しかし、真犯人はシベールでした。ピョートルのビデオに映っていた人物から、シベールが犯人だと特定されたのです。
犯人だと誤解されたケイティは、アンジェラの前から消えてしまいました。さらにチューズデイも、お母さんの差し金(?)た男たちによって連れ去られてしまいました。

決勝まで残された時間は1週間。キャロルとチューズデイは、再び一緒に歌うことができるのでしょうか。そして2人とアンジェラの対決の結果も気になります。

今回は、久々にキャロル&チューズデイの歌う場面に力が入っていてよかったです。
なんとか体調も落ち着いたので、今日からブログを再開します!(^^)
ミントさん・ハトははさん、お見舞いコメントありがとうございました。

とりあえず、ブログ停止中に視聴した作品の感想をボチボチと投稿していきたいと思います。
今期の新作はまだ、プライムビデオで「彼方のアストラ」を見たくらいですね。ヒロインがおバカすぎる気になりましたが、意外と面白かったです。(^^;

新作チェックする余力がなかったので、これ以外だと「からかい上手の高木さん」の第2期が放映されてるくらいしか把握してないです。これから追える範囲でおいかけます。(^^;