日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


キャロル&チューズデイとアンジェラが、ついに出会いました!

マーズ・ブライテストの本戦が始まりました。予選を勝ち抜いたのは、いずれも個性的な人たちばかりです。本戦最初の対決は、99才の双子・ファイヤー兄弟とSNSの有名人ピョートルでした。

ファイヤー兄弟はヨボヨボで、これで大丈夫なのかと思ったら、歌い出したらずば抜けたパワーを発揮しました。対するピョートルは、チャラいだけの人かと思ったら予想外の歌唱力を発揮して驚かされました。

この対決の結果は、ピョートルの勝利でした。ファイヤー兄弟も素晴らしかったですが、辛口で知られるマーズ・ブライテストの審査員カトリーヌから、そのスタイルは古いと言われてしまいました。そしてピョートルが第2戦へと進みます。

そして次は、キャロル&チューズデイと元ギャングでドラッグの売人と言われるOGブルドッグの対決です。OGブルドッグは、ラップとかヒップホップで勝負するのかと思いきや、いきなり信じられないほどのきれいな歌声で驚きました。(^^;

それに対して、キャロル&チューズデイはAIを使わずに、自分たちの力で作った曲を披露しました。インパクト的には、OGブルドッグの勝ちな気がしましたが、彼が元ギャングでドラッグの売人という経歴は嘘だとカトリーヌに調べ上げられていました。OGブルドッグは怖そうな見た目と違い、本当は無視も殺せない心優しい人でした。

そしてキャロル&チューズデイは、この対決に勝って2回戦へと進みました。そんな2人に、アンジェラがいきなり突っかかります。最初は2人を全く相手にしていなかったアンジェラですが、ライバルとして認識はしてくれたようです。(^^;

そうそう。アンジェラといえば、今回から新しいマネージャーとしてケイティがつくことになりました。でもアンジェラのわがままに振り回されて、ケイティはこれから苦労しそうですね。

というわけで、いよいよマーズ・ブライテストが始まりました。キャロル&チューズデイの歌は悪くなかったのですが、他のキャラのインパクトが強すぎて、ちょっと物足りない感じもしました。(^^;