日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


王陵璃華子事件の決着と、槙島が狡噛に興味を持つお話でした。

猟奇事件の捜査から外された狡噛と朱でしたが、狡噛は独自の手段で事件の真相を追います。今回の事件では、標本事件の時に使われたものを同じ薬剤が使用されていました。しかし狡噛は、同一犯の犯罪ではないと直感的に見抜いていました。

それを確認するために、狡噛と朱は確保された犯罪者が収容されている施設を訪れました。そこで芸術方面に強い興味を持っている収容者に、狡噛はオブジェとして飾られていた写真を見せました。そして狡噛たちは、そのオブジェが王陵牢一が描いたものだということ。そして彼の娘が、桜霜学園にいることを突き止めました。

そして狡噛は、王陵璃華子を探して学園に入りました。その強引な捜査の進め方は、教員に反発されますが、狡噛は璃華子を追い詰めることしか考えていません。学園内の監視カメラの映像から、狡噛は璃華子がいる場所を突き止めました。そして、璃華子が槙島という先生とつながりがあることを突き止めました。

一方、槙島は璃華子に対する興味を失っていました。槙島もまた、璃華子のやっていることにはオリジナリティーがないと考えていたのです。そして槙島のスポンサーらしき男に、璃華子を委ねました。その男は、ロボット犬を使って璃華子を追い詰めます。その男は、獲物を狩るように人を殺すことを楽しんでいました。

男の手にかかって、璃華子は殺されてしまいました。狡噛はあと一歩というところで、槙島までたどり着けませんでした。しかし槙島は、狡噛に興味を持ちました。狡噛と槙島、この2人が直接顔を合わせた時、どんなことが起きるのか気になります。