日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


監視官時代の狡噛が追っていた事件と、新たな事件の前兆が描かれました。

今回は、いきなり女子校が舞台で驚きました。授業でシェイクスピアを学ぶ生徒たちの中に、先輩と恋仲(?)らしい女の子がいました。彼女が恋する先輩は、才色兼備で学園の女王様のような存在でした。しかし、そんな彼女が描く絵は、とても残虐なものでした。

一方、狡噛の過去を知った朱は、もっと彼のことを知りたがります。それは彼女と狡噛が、実は似たもの同士だからではないかと友人には指摘されます。

監視官だった狡噛は、執行官の佐々山と共にある猟奇事件の犯人を追っていました。2人は真相に近づきましたが、その最中に佐々山は事件の犠牲者になりました。その時の怒りが狡噛の犯罪係数を高めて、彼は執行官へと降格されることになったのです。

狡噛は先に起きた複数の事件の背後に、事件を犯しそうな者にそのチャンスを与えている黒幕がいると確信していました。
しかし、今のところその証拠は全くつかめていません。

そんな中、女子校の生徒が公園に標本のような姿でさらされる事件が起きました。その実行者であるらしい王陵璃華子の背後には、狡噛が探し求める槙島の姿がありました。槙島は教師として、学園の中に潜り込んでいました。槙島はどうやって、事前に犯罪を犯しそうな者を知ることができるのでしょうか!?

今回は、いきなり百合展開かと思いきや^^;、予想外のグロ展開で驚きました。